HOME > 素材へのこだわり > 遮熱塗り壁材
素材へのこだわり ~遮熱塗り壁材~ クアトロ断熱 遮熱塗り壁材強アルカリの中空セラミックがもたらす快適
セレクトリフレックス

アイスタイルのクアトロ断熱の一番外側になる、遮熱材塗料塗り壁材、
セレクトリフレックスという商品をご紹介します。

壁の内部にはセルロースファイバー、そして躯体を覆う外張り
断熱にEPSボード、それで終りではありません。最後の仕上
げにこの『遮熱材塗料塗り壁材、セレクトリフレックス』を
合せてクアトロ断熱です。

この遮熱という言葉、聞きなれないかと思いますが、実はとても大切なトピックです。

遮熱塗り壁材とは、塗るだけで外壁面の太陽熱を反射
させ、表面温度を20~30°C程削減する塗り壁材です。
原理は、太陽光線の中で熱源を発生させる赤外線をセ
ラミック粒子等により効率よく反射させます。外壁温
度は、太陽の熱により建物の真夏で93°C近くまで上
昇します。ほとんどの外壁仕上げ剤は反射性に乏しく、
太陽の熱をほとんど吸収してしまいます。さらにこの
ような外壁面は放射率が低いので吸収した熱を放出せ
ず蓄熱してしまいます。外気温が下がった後も外壁は熱いままなのです。SelectReflexは中空セラミックと高品質の顔料を使用したアクリルエラストマー系仕上げ材で、美観に優れ壁面の温度を上昇させず冷房費を削減します。また、耐火性にも優れています。SelectReflexは弾力性に優れていますので、スタッコ製品にありがちなヘアークラックもほとんど入りません。アクリルベースですので、接着力も高く耐候性にも優れています。白亜化しないルチル酸化チタンだけを使用し、有効性の高い防カビ剤を配合してありますので過酷な気象条件の下でもクリーンな壁面と美しい色を保持します。骨材にはライムストーンを使用しています。ライムストーンは酸化鉄成分を含んでいない為、酸化による色素沈着の心配がありません。

品のある仕上がり

こサイディングのように目地がないため、品のある美しい外観に仕上がります。また、職人1人1人の手によって素材感・風合いを存分に出し、建物のデザインの魅力をより引き立てます。

骨材にライムストーンを使用

ライムストーンは鉄分(酸化鉄成分)を含んでおらず、またライムストーン=石灰岩ですのでアルカリ性です。
その為、骨材の酸化による変色、色素沈着の心配がありません。

中空セラミックによる熱反射、耐火性能

材料に中空セラミックを使用することにより、日射反射率72%以上(白色系の場合)の反射性能があります。
また、日射の中の赤外線については、90%の反射性能があります。

この反射性能により、夏場など断熱材の蓄熱が大幅に減少し、建物全体の温度が上がらない為、日没後の不快な暑さもなく、冷房費を削減します。またセラミックは燃えませんので、優れた耐火性能があります。※日射=太陽によるエネルギー(可視光+赤外線)

防カビ、防藻剤にホウ酸を使用

ホウ酸を使用することにより、通常の薬品より安全性が高く、防カビ、防藻の効果が長期にわたり有効です。

アメリカ南西部で開発された塗り壁材が日本の風土・環境に合いますか?

アメリカ南西部の気候は、雨が少なく乾燥した砂漠的な気候です。特筆すべきは、紫外線の強さ。世界で最も紫外線が強く、日本の3倍とも言われています。そんな過酷な条件下で遮熱塗り壁材は生まれました。日本の風土・環境にも余りあるほどに対応が可能です。呼吸しない家や、建物に伝える暑さは建物を劣化させるだけでなく、住み心地やエアコンなどの光熱費に影響を与えます。

優れた遮熱性:遠赤外線ランプによる遮熱、断熱試験 優れた遮熱性:遠赤外線ランプによる遮熱、断熱試験 優れた遮熱性

遮熱・断熱効果が高く、夏の強い太陽の日を遮る遮熱材としての効果があります。

赤外線ランプによる遮熱、断熱試験

試験体
A:EPS断熱材4号品(ア)20mm+SELECTREFLEX片面コテ塗り
B:EPS断熱材4号品(ア)20mm+アクリルフィニッシュコート片面コテ塗り

クアトロ断熱 ~地域最高水準の断熱性能~ クアトロ断熱 ダブル断熱の欠点を克服した理想の断熱工法 クアトロ断熱

クアトロ断熱は、住宅内の快適さの常識を大きく変える断熱工法です。
冬の温かさはもちろん、夏にもエアコンに頼らない涼しさを与える呼吸する断熱工法で、高断熱を超えた超断熱工法と言えます。外断熱、内断熱、調湿でトリプル断熱に外壁塗装のセレクトリフレックスが遮熱する事を加えるとクアトロ断熱になります。また、外壁断熱材のネオポール自体にも遮熱効果があります。更に内装材のスペイン漆喰モルセムダーにも調湿効果があるので、その体感効果もアップします。クアトロ断熱どころか、今や5重6重断熱といっても良い位なのです。

大切なのは体感温度です

室温が40度でも室内の空気がカラッとしていれば涼しく感じます。
また、室温が15度しかなくても適度な潤いがあれば暖かく感じます。
呼吸する壁は夏の湿気を取り、冬は補います。
その効果は体感温度に4度以上の差が生まれます。

断熱効果を 5 割以上 UP !

家の温度を左右しているのは実はほぼ輻射熱です。
夏の暑さは内断熱、外断熱でわずか35%しか防げません。
それに遮熱を採用することで、断熱効果を5割以上UPさせました。

  • モデルハウス
  • 来場予約
  • 資料請求・DVD贈呈
  • ご相談・お問い合せ