HOME > 素材へのこだわり > 塗料
素材へのこだわり ~塗料~
02

素材へのこだわり ~塗料~

塗料 アイスタイルの作る家は、室内に使う材料にはほとんどといってよい程、接着剤は使われていません。
塗料 アイスタイルの作る家は、室内に使う材料にはほとんどといってよい程、接着剤は使われていません。

塗料

アイスタイルの作る家は、室内に使う材料にはほとんどといってよい程、接着剤は使われていません。
細部にも健康配慮材を

細部にも健康配慮材を

細部にも健康配慮材を

アイスタイルの作る家は、室内に使う材料にはほとんど
といってよい程、接着剤は使われていません。

また、木工用ボンド、床の仕上げのワックスやカウンタ
ー材の塗料にも気を使った家造りをしています。

ドイツリボス社は 35 年以上続く、人の健康と 安全を追求した自然塗料のパイオニアです。

ドイツリボス社は35年以上続く、人の健康と安全を追求した自然塗料のパイオニアです。

ドイツリボス社は35年以上続く、人の健康と安全を追求した自然塗料のパイオニアです。

リボス社は1972年、数人のエコロジー博士達(全員女性)が、「温故知新」を
哲学として、自然・人・地球に優しい「自然塗料」の研究を初め、需要の盛り上
がりに応えて会社組織として、世界で初めて製造開発しました。現代の最先端テ
クノロジーと古代からの知恵を組み合わせ、すべての材料をバイオケミカル的に
吟味しています。全リボス製品は、エコテストでトップランクに位置しています。
リボスとは、古代ゲルマン語で「太陽・芳香・輝き」を意味しています。
リボス社は「自然・健康塗料」の代名詞と成りました。
リボス製品は、永年のノウハウで構成させた「植物化学」です。

自然・健康塗料という名のエコロジー 「人と環境に優しい、無毒無害でリニューアブルな塗料が欲しい」

自然・健康塗料という名のエコロジー
「人と環境に優しい、無毒無害でリニューアブルな塗料が欲しい」

ひとの安全を考えた自然塗料への取り組み

ひとの安全を考えた自然塗料への取り組み

ひとの安全を考えた自然塗料への取り組み

リボス社設立のきっかけは、1972年創立のメンバーである学校教
師が学校にいると気分が悪くなり、家に帰ると解消するという症
状に見舞われたことに始まります。今でなら誰もが知っている
「シックハウス」「シックスクール」の症状です。当時はまだ原因
不明として診断されていた時代。その教師夫婦の友人として相談を
受けたのがリボス社のオーナーとなるローズマリー・ボーテさん。
彼女達3人は、その症状から学校環境に何か原因があるのではな
いかと考え、その原因の究明に努めたのです。そして、問題はその
学校だけでなく、多くの学校や幼稚園、その他ビルでも、絨毯や建
材などから有毒な物質が揮発していることを突き止めました。
(現在のホルムアルデヒドやVOCである。)同時に、それら有毒な物質により多くの人々がアレルギー症状に苦しんでいることにも気づきました。そして3人は、この状況を何とか変えたいとの願いから、安全な建材を提供したいと考えるようになりました。特に、高濃度の有機溶剤を含みホルムアルデヒド等を大量に揮発する化学塗料に替わる、ひとに安全な自然塗料の提供を世界で初めて目指したのです。

シュタイナーに学ぶ自然素材と色彩

シュタイナーに学ぶ自然素材と色彩

シュタイナーに学ぶ自然素材と色彩

リボス社が自然素材の塗料を提供するようになったのには、19世紀から20世紀にかけて多くの人々に影響を与えた思想家ルドルフ・シュタイナーの人智学の影響が大きい。設立メンバーは、シュタイナーの教えに関心を持って研究し、シュタイナースクールで教壇に立つこともある。シュタイナーの理論には、人間にとっての色彩の重要性を説いており、室内の色彩が人々の意識に大きな影響を与えるという。「青は人を緊張させ、赤は集中、緑は人々を結びつける」というのである。リボス社の自然塗料は、単に有害な物質を含まないというだけでなく、幅広い色彩を提供するように植物やミネラル等、様々な自然素材の色素・顔料を開発している。また、その顔料は高品質で化粧品・子供玩具・食器にも使われる極めて安全なもののみを採用しています。

”自然塗料”にひそむ健康への危険性を排除したのが”自然健康塗料”

”自然塗料”にひそむ健康への危険性を排除したのが”自然健康塗料”

天然成分の中にもアレルギー性や毒性を持つものがあります。例えばテレピン油やレモン油といった天然溶剤です。リボス社でも当初これらを使用していましたが粘膜を刺激したり、かゆくなるなどのアレルギーを引き起こす可能性があることから溶剤への使用を中止、溶剤は決して毒性があってはならないこと。自然素材よりも人の健康に影響が少ないことを優先し、食品・食品加工品類に使用される溶液を選択することにしました。リボス社が使用している溶液イソアリファーテは、厳しいアメリカ合衆国食品FDA基準の品質で、野菜洗浄・果物野菜コーティング・ワインやビネガー製造等にも使用され、化粧品類や医薬品類の溶液としても使用されています。イソアリファーテは世界で最も安全・健康な溶液の一つです。

地域に根づく製品ライフサイクル

地域に根づく製品ライフサイクル

リボス社が創業したのは、住宅地の中の1軒から始まりました。そして、規模の拡大に対応するため1990年に元家具工場であった施設を買い取り移転してきました。リボス社の周辺は典型的な農村であり、他に工場も見当らない自然豊かな土地で原料や製品の輸送などを考えると、決して便利な場所とは言えないでしょう。リボス社がこの場所を選んだのは、何より“自然の中で自然と共に自然のために仕事がしたい”という思いが強かったからといいます。また、自然豊かなこの土地は、農薬や化学肥料を使わないオーガニック農業を進めるにも適した土地でした。リボス社はこの地域の近郊農家と契約し、有機栽培の亜麻を育ててもらい、それをリボス社が買い取り亜麻仁油の原料としています。圧搾して搾った亜麻の実の残りカスは、栄養に富んだ家畜の餌になります。
リボス社の進めるエコロジー適合性は、製造・施工・廃棄など全ての段階で適性でなければならないと定めています。
こうした働きは、近郊地域にも広がり、エコ・ホテルやエコ・メールオーダーハウスなどの取り組は、リボス社のエコロジカルな企業のあり方を参考にして始まったものであり、地域の人々がそれを広げているのです。

地域に根づく製品ライフサイクル
使う人の安全を考えた『完全成分明示』

使う人の安全を考えた『完全成分明示』

リボス社の安全性は、消費者自身が成分を判断して製品を選べるようにしています。各製品の成分明示が無ければ、消費者は正確に判断・選択できないとの理念に基づいています。

<リボス製品類の安全基準>
・リボス社製品類はドイツ規格協会(DIN)において、DIN53160とEN71「幼児玩具向け安全基準」に合格しています。
・シックハウス対策では、国土交通省の認定によりF☆☆☆☆を取得しています。
・耐候性試験では、日本建築学会建築工事標準仕様書JASS18塗装工事において、木材保護塗料としてJASS18M-307に規格適合しています。

健康のり ボンドにもこだわります

健康のり
ボンドにもこだわります

健康のり ボンドにもこだわります

私たちが造っている住宅では、化学接着剤の代わりに、健康のり
(生体エネルギー応用ボンド)を使います。
住まい手の安全性を考えて作られた接着材です。

  • イベント情報
  • モデルハウスに行こう
  • 資料請求・DVD贈呈
  • ご相談・お問い合せ