HOME > 素材へのこだわり > 屋根材
素材へのこだわり ~屋根材~
02

素材へのこだわり ~屋根材~

屋根材 アイスタイルの家の屋根材は、寿命が長く、耐久性の良い本物の素材を厳選しています。スタイル別で選ぶ本物素材。
屋根材 アイスタイルの家の屋根材は、寿命が長く、耐久性の良い本物の素材を厳選しています。スタイル別で選ぶ本物素材。

屋根材

アイスタイルの家の屋根材は、寿命が長く、耐久性の良い本物の素材を厳選しています。
スタイル別で選ぶ本物素材。
屋根材

屋根材

屋根材

アイスタイルの家の屋根材は、寿命が長く、耐久性の良い
本物の素材を厳選しています。
スタイル別で選ぶ本物素材。

プロヴァンススタイルの家では本物の素焼きの瓦を。
シンプルスタイルの家にはスタイリッシュなガルバリウム鋼板を。
北米スタイルの家には、カナダのシーダーシェイク材を。
古民家風や、格調高いスタイルには平板瓦を。

亜熱帯化する風土に備え、遮熱瓦もご提案しています。

プロヴァンススタイル・素焼きのS瓦

プロヴァンススタイル・素焼きのS瓦

プロヴァンススタイル・素焼きのS瓦

本物の陶器瓦は、耐久性、断熱性、遮音性にも優れています。

その立体的なフォルムは塗り壁との相性がとても良く、しっかりと
焼き上げた陶器瓦は時間の経過と共にその風合いをまして行きます。

愛知県西三河地方で生産されている粘土瓦を三州瓦と呼んでいます。 日本を代表する粘土瓦産地であり、粘土瓦生産量の約60%を占めています。寒冷な気候にも耐える耐久性、寸法精度などに優れ、豊富な形状と色のヴァリエーションを揃えています。

全国各地の社寺建築などに採用されている高品質な粘土瓦です。特許庁による全国的な知名度があり、地域の産業として根付いていることを証明する「地域ブランド」として三州瓦は認定されています。
粘土瓦は耐久性に優れ、他の屋根材が施工後10年~20年程度で補修、塗装などのメンテナンスが必要であることに対し、災害などによる被災や建築物の構造に問題が無い限りメンテナンス不要です。

性能

■ 性能

・耐震性

この瓦は1100°Cの高温で焼き上げます。ですから真夏の炎天下の暑さ
にも、真冬の氷点下の環境にもビクともしません。

・耐圧性

雪などの重さに耐えられる耐圧設計で、JIS規格の約1.5倍の重さにも
耐えられます。

・耐酸性

大気汚染による酸性雨にも屋根は耐えなければいけません。対薬品テス
トでも、塩酸溶液、水酸化ナトリウム溶液に屋根材を浸していても、ほ
とんど変化が見られません。

・断熱性

瓦と他の屋根材について熱環境の比較テストを実施したところ、瓦は極めて熱容量が大きいことが判明しました。
夏や冬の、激しい室内、室外の温度差をこの熱容量がクッションのように吸収してくれます。

性能
スタイリッシュスタイル・ガルバリウム鋼板

スタイリッシュスタイル・ガルバリウム鋼板

スタイリッシュスタイル・ガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板とは、アルミと亜鉛で鉄を守ることにより生まれた耐久性に優れた鋼板です。鋼板を基材としてアルミニウム、亜鉛、シリコンからなるメッキ層を持つ溶融アルミニウム-亜鉛合金メッキ鋼板を総じてガルバリウム鋼板といいます。

ガルバリウム鋼板のメッキ組成は、アルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%からなり、耐食性、加工性、耐熱性、熱反射性などのアルミニウムの特質と、亜鉛が鉄の溶解を防止する犠牲防食作用と鋼板から錆を守る被膜保護作用で優れた耐久性を発揮します。

ガルバリウム鋼板のメッキ組成

素焼きの瓦と同じく、とても寿命が長く、耐久性に優れた素材です。
また、とても軽い素材だという事も良い点です。地震などの時に、
屋根から落ちてくる事がなく、軽いゆえに地震の揺れを軽減してくれます。

古民家風や格調高いスタイル:平板瓦

古民家風や格調高いスタイル:平板瓦

平板瓦

平板瓦は、自然素材である粘土と釉薬を高温(1130°C)で焼き締めた、表面がガラス質の被膜で覆われた陶器質の屋根材です。変色や変質を起こしにくく、時間が経過しても美しい外観を保つことができます。セメント系屋根材のように、表面が塗料による着色でないため、塗り替えの必要はありません。

本物の陶器瓦は、耐久性、断熱性、遮音性にも優れています。

その立体的なフォルムは塗り壁との相性がとても良く、しっかりと焼き上げた陶器瓦は時間の経過と共にその風合いを増して行きます。

  • イベント情報
  • モデルハウスに行こう
  • 資料請求・DVD贈呈
  • ご相談・お問い合せ