HOME > 素材へのこだわり > 世界基準のEIFSシステム
素材へのこだわり ~世界基準のEIFSシステム~
02

素材へのこだわり
 ~世界基準のEIFSシステム~

世界基準のEIFSシステム 南極の観測点にも使われる高断熱パネル
世界基準のEIFSシステム 南極の観測点にも使われる高断熱パネル

世界基準のEIFSシステム

南極の観測点にも使われる高断熱パネル
透湿する防水塗料『ウェザーシール』&外張り断熱材EPS圧着貼り

透湿する防水塗料『ウェザーシール』&外張り断熱材EPS圧着貼り

外張り断熱材EPS

当社の断熱、外張り断熱材を紹介します。

壁の内部にはセルロースファイバーを隙間無くパンパンに詰め込んでいき
ます。しかしそれでは、躯体自身を結露や温度差から守る事は出来ません。 当社は充填断熱プラス、外張り断熱を標準として採用しています。

その外張り断熱材EPSボード。実はこの素材は、とても有用で南極の昭和
基地にも採用されている素材です。極寒の南極という地、そして施工が容
易でなければいけないのと、もう一つ、その高い断熱性が長い時間を経て
も落ち込む事のない素材でなければいけないのはわかると思います。

実際に40年間、南極の昭和基地で使ったものを試験したところ、ほとん
ど断熱性能は落ちていませんでした。

『アイスタイルの家』は、透湿する防水塗料を施工(C値1.0以下)し、
EPSボードを圧着貼りしていきます。

アイスタイルのEPSボードには、特殊なカーボンを練り込むことで、
それが鏡のように熱線を反射することで建物からの熱の損失を防ぎます。

外張り断熱材EPSと ESP4 号品の比較表

外張り断熱材EPSとESP4号品の比較表

外張り断熱材EPS ESP4 号品の比較表 外張り断熱材EPSの主な特徴

■ 外張り断熱材EPSの主な特徴

~ 割れに強い ~

EPSは弾性に優れ、塗り壁のクラック(ひび割れ)や剥離
を防ぎます。また、サイディングは重さがあるので、それ
を支えるため、サイディング、胴縁、断熱材を構造体まで
貫通する長いビスが施工上必要になりますが、EPSの場合、
サイディングと違い軽いので自重で垂れないことから必要
ありません。その為、建物にも負担がかからず、長期間良
い状態を保ち、メンテナンスが楽です。また逆に素材が曲
がることを利用し、壁にカーブをつけるなどのなどデザイ
ン等が容易になりますのでデザインの幅が広がります。

~ 割れに強い ~

~ 結露防止効果 ~

EPSは、雨水を通さず蒸気は通すので、建物の寿命を縮め
る大きな要因の内部結露を防ぎ、シックハウスの原因とな
るカビ・ダニの発生する要因を減少させ、柱などの構造材
も湿気を帯びにくいため、湿気を好むシロアリの住みにく
い環境を作り、建物が長持ちします。また、一般的な内断
熱材として使われているグラスウールなどのように、湿気
により吸水・垂下しないので、断熱性能の経年劣化は少な
くてすみます。

~ 結露防止効果 ~

~ 省エネ効果 ~

建物の中に夏の熱気や、冬の冷気が入る前に建物をまるご
と外気から遮断してしまう外断熱。建物が外気温に左右さ
れにくく、室内温度がほぼ一定に保たれます。それゆえ冷
暖房の省エネルギー化をはかり、光熱費を削減し快適な住
居空間を作ります。外張り断熱材EPSは従来の断熱材に特
殊なカーボンを練り込み、それが鏡のように熱線を反射す
ることで、従来のEPSボードに比べ30%熱抵抗値を引き上
げました。建物が出来上がってからは目に見えない断熱材
ですが、光熱費には、目に見える差が付きます。これから
の住宅には、省エネに貢献する断熱はとても重要と考えて、
安易に安価な断熱材を使わず、よりよい物を探し続け、
さらにできるだけローコストにご提供できるように努力し
ています。

~ 省エネ効果 ~

~ 高い安全性 ~

パネル自体が燃焼を継続しない性質(自己消火性)を持ちます。
現在、防火構造30分認定に合格し、国土交通大臣認定待ちです。
また、EPS(ビーズ法ポリスチレンフォーム)断熱材は、炭化水素系発泡剤を使用して発泡成形される発泡プラスチックです。発泡成形後のEPSは、気泡の内部が空気に置換されて安定します。気泡内部が空気であるため、代替フロンなどを使用する断熱材に比べて、オゾン層を破壊せず、地球温暖化係数が小さいとされている発泡剤を使用する、環境保全に配慮した発泡プラスチック断熱材です。

~ 高い安全性 ~

~ 耐久性 ~

南極で40年経過した建屋のEPS断熱材は、非常に厳しい使用環境にもかかわらず、断熱性が建設当初の性能に比べほとんど劣化していないことが報告されています。また、発泡ビーズ内のセルガスは空気で断熱性能の低下がありません。※他社製品は、セルガスにハロゲン化ガスを使いガスの性能によって断熱性能を高めていますが、セルガスは数年経つと抜けて空気を入れ替わります。そのため、断熱性能が低下します。

~ 低コストを実現 ~

一般的にオプションになったりと、高価なイメージのある通常の外断熱乾式工法に比べ、性能も良く、軽量で作業効率の高いEPSを使用した外断熱工法により、必要なコストを大幅に削減できます。ビーズ法ポリスチレンフォームは、「ExpandedPoly-Styrene」の頭文字をとって「EPS」と呼ばれており、ドイツで生まれた代表的な発泡プラスチック系の断熱材です。

~ その他の特徴 ~

・軽く施工がしやすい躯体に負荷が少ない
・耐老朽化性、耐腐食性に優れている
・伸縮性があり、防音性を高める
・外張り断熱材EPS 25mm厚とEPS4号品32.5mm厚と同じ断熱性を持つ

一年中心地良い究極のエコ住宅 遮熱・調湿・畜熱・透湿・気密を兼ね備えた世界基準の断熱工法「ヘキサグラム断熱」

一年中心地良い究極のエコ住宅
遮熱・調湿・畜熱・透湿・気密を兼ね備えた世界基準の断熱工法「ヘキサグラム断熱」

ヘキサグラム断熱の構造 電気の自由化に続き、ガスも自由化になり、ここから光熱費が年率6%で上昇する準備が整ったと言われています。

■ 電気の自由化に続き、ガスも自由化になり、ここから光熱費が年率6%で上昇する準備が整ったと言われています。

日本のエネルギー自給率は、わずか6%です。
未来を担う子ども達のために、なるべく機械に頼らない省エネ住宅を建てることで、海外へお金が流出することを抑制し地域経済も潤うことになります。
また、2025年には、団塊世代の方が後期高齢化社会に入り、40兆円を超える医療費が益々増大します。 なるべく自然のものをそのまま使い、冬暖かいお家を建てることで『予防医療』になります。 また、産業になってしまった日本の家は、30年後に建て替えや全面リフォームのリスクも背負っています。 目に見えない所に大切なお金を使った『アイスタイルの家』づくりが、真のユーザーメリットになります。年率3%でエネルギーコストが上昇しても30年間で約400万円の差です。(初期16,000円/月使用の家庭) 遮熱性・調湿性・蓄熱性・透湿性・気密性を兼ね備えた世界基準の断熱工法『アイスタイルの家』なら、全館空調をご採用いただいた場合、家庭用エアコン4kW相当1台だけで低燃費で1年中心地よくお過ごしいただけます。空調工事のイニシャルコストを抑えられるだけでなく、ランニングコスト、機器の交換費用も抑えることが可能です。

一年中心地よい究極のエコ住宅

■ 一年中心地よい究極のエコ住宅

一年中心地良い究極のエコ住宅は、住宅内の快適さの常識を大きく変えます。 冬の温かさはもちろん、夏にもエアコンに頼らない涼しさを与える呼吸する断熱で、高断熱を超えた超断熱といえます。C値1.0以下・外皮平均熱貫流率UA:0.4~0.45【W(㎡/K)】のアイスタイルの家は、この数値に夏は『調湿・遮熱』効果が冬は『蓄熱』効果が加わり一年中心地よい究極のエコ住宅になります。また、外壁断熱材の外張り断熱材EPS自体にも遮熱効果があります。更に内装材のスペイン漆喰モルセムダーにも調湿効果があるので、その体感効果もアップします。

大切なのは体感温度です

■ 大切なのは体感温度です

室温が40度でも室内の空気がカラッとしていれば涼しく感じます。 また、室温が15度しかなくても適度な潤いがあれば暖かく感じます。 呼吸する壁は夏の湿気を取り、冬は補います。 その効果は体感温度に4度以上の差が生まれます。

断熱効果を 5 割以上 UP !

■ 断熱効果を5割以上UP!

家の温度を左右しているのは実はほぼ輻射熱です。 夏の暑さは内断熱、外断熱でわずか35%しか防げません。 それに遮熱を採用することで、断熱効果を5割以上UPさせました。

  • イベント情報
  • モデルハウスに行こう
  • 資料請求・DVD贈呈
  • ご相談・お問い合せ