HOME > お客様の声 > 開放的な空間でのびのびと暮らせる家
お客様の声

お客様の声

開放的な空間でのびのびと暮らせる家

開放的な空間でのびのびと暮らせる家

お客様インタビュー

Interview
お客様インタビュー

家づくりのきっかけを教えてください

【奥様】

社宅に住んでいたんですが、子どもの足音のことで、下の階の方から苦情があって。それがストレスになっていました。「静かにしなさい!」と叱るのが辛くて、一刻も早く引っ越したい気持ちでした。

【ご主人】

いずれ持ち家に、というのは結婚当初から話していたから、そろそろ動こうかということになりました。注文住宅にしたいというこだわりも特になくて、それよりも何よりも、のびのび暮らせるところに引っ越したかったんです。

持ち家計画は、どんなことからスタートされたのでしょうか

【奥様】

社宅の友人がマンションを買うことになり、ついていって一緒に見学させてもらいました。でも、どうもピンとこなかった。それに、マンションだと階下にどんな人が住むかは分からないですよね。「また苦情がきたら・・・」と、トラウマになっていた部分も大きかったです。それで、マンションはすぐに選択肢から外れました。

【ご主人】

ちょうどその頃、別の社宅の友人がアイスタイルさんで家を建てている最中で「あの会社は本当にいいよ」と教えてくれました。今から思えば、これが我が家にとって大きな幸運となるんですが。

ご友人の紹介がきっかけだったんですね

【奥様】

はい。資料請求をしたら、すぐに﨑山さんからセミナーのお知らせがありました。全然ガツガツした感じじゃなくて、「よかったらどうですか」と声をかけてくれて。事務所で開催されるプチセミナーに参加しました。初対面の時から「私たちがお願いするのはこの人じゃないかな」という直感がありました。

【ご主人】

そのあとファイナンシャルプランナーさんに相談できる家計の勉強会に行きました。どこで建てるにしても、予算や家計の現状を知っておいて損はないと言ってもらって。当社で建てるなら相談に応じるとか、そういうことでもなかったし。じゃあ一度行ってみるかという軽い気持ちで参加しました。

家計の勉強会に参加した感想を教えてください

【奥様】

うちの年収だったら「これくらいの予算で建てられます」とざっくり教えてくれて、それが想像より少ない予算だったんです。予算の大枠が見えてきたことで、安心感が増しました。

【ご主人】

量産メーカーでも予算のことは聞いたんですよ。でも、「こういう家がいくらで建てられる」と言うだけ。土地の予算はまったく別物という感じで脇に置かれ、その上「毎月これくらいの返済だから、家賃とそう変わらないでしょ?」と。そう言われたら、そんな気になってしまうけど、実はそれが落とし穴なんですよね。アイスタイルさんは、建物でこれくらいかかるとしたら、土地はこれくらいの予算で探されてはどうですか?と、総額の予算で考えてくれた。ただ売りたいだけじゃなく、一緒につくっていくスタンスがよかったですね。

ほかの会社も検討されたのでしょうか?

【ご主人】

量産メーカーのモデルハウスを見に行くと、当日の夕方には電話がかかってくるんです。とにかく営業攻勢がすごい。それで、ちょっと引いてしまった部分もありました。アイスタイルさんは全くそんなことがなかったのに。

【奥様】

アイスタイルさんのセミナーで、家づくりのコンセプトや考え抜かれた動線を知って、ものすごく納得したんです。たとえばコートを脱いでそのまま玄関に収納できたり、玄関横に大きな洗面台があったり。その一つひとつに深く納得できた。それもあって、後から見た他社のモデルハウスがどれも今一つに見えました。何を聞いてもオプションだと言われるし、間取りや仕様に深い理由がない。何も知らなければ、「こんなものなのかな」という感想しかなかったと思うけれど。

土地探しはどのように進めたのでしょうか?

【奥様】

家づくりをお願いする会社を探しつつ、土地探しもしていました。でも、駅からの近さや周辺環境などの条件で、なかなか見つからなくて。建築条件付きの土地も多かったですしね。アイスタイルさんも不動産会社を紹介してくれました。ただ紹介しっぱなしではなく、大事な場面では同行してくれて、買う側である私たちの側に立ってくれた。それが心強かったです。

【ご主人】

一番感動したのが、﨑山さんが車で街を走っている時に見つけたという土地を教えてくれたこと。不動産会社を紹介したからそれでOK、じゃなくて、﨑山さん自身が気にかけてくれているからこそ、そういう情報を見つけてもらえた。最終的にその土地ではないところを買ったけれど、この一件は大きかったですね。「ここまでしてくれる人がいるんだ」と、驚いたし、感激したんです。

【奥様】

何度か土地を見せてもらって、ようやく理想通りの土地がみつかって、ここに決めました。夫婦どちらも大阪出身だから、できるだけ東、神戸周辺で建てたかったんです。でも、そうなるとアイスタイルさんの施工エリアから外れてしまう。阪神間にも自然素材だけで家を建ててくれる会社があったけど、その頃にはもう、アイスタイルで建てたいという気持ちが強くなっていて。もし仮に、全く同じ家が建てられるとしても、やはりアイスタイルさんにお願いしたかったんです。

  • 開放的な空間でのびのびと暮らせる家
  • 開放的な空間でのびのびと暮らせる家

早い段階から、アイスタイルに依頼を決めていたのでしょうか?

【奥様】

私は初めて会った時からアイスタイルさんに惹かれていましたが、主人はそうでもなかったんですよ。﨑山さんの家を見学に行った時も、「本当にここに住んでいるのかな?﨑山さんの奥さんって、実はアイスタイルのスタッフだったりして」とまで言っていたんです(笑)

  • 開放的な空間でのびのびと暮らせる家

【ご主人】

家づくりに限らず、僕はまず「本当だろうか?」とじっくり検証して、納得してから進めていくタイプ。妻が盛り上がっていたから余計に、アイスタイルさんに対して懐疑的だった部分もありますね。

どのあたりで気持ちが変わっていったのでしょうか?

【ご主人】

﨑山さんが、うちの土地探しに奔走してくれたことが大きかったです。この人は、ただ単に売りたいだけの人じゃないと分かった瞬間でしたから。それに、土地探しと並行して毎月見学会にも参加し、住んでいる方のお話を聞けたのもよかったですね。合計10邸くらいは見せてもらったんじゃないかな。

【奥様】

この土地に決めてから、周辺の小児科やスーパーなどを調べて送ってくれたんです。こうした﨑山さんの気配りには、何度も心を動かされました。

家づくりをする上で、特にこだわっていた条件を教えてください

【ご主人】

吹き抜けと勾配天井、大きなリビングは自分の中で譲れない絶対条件でした。人が集まる家にしたいと思っていたので。

【奥様】

とにかく家事のしやすい家にしたかったです。デザインや素材に関しては特にこだわりはなかったですが、動線や収納にはこだわりたかったですね。

間取りはどんな風に決めていったのでしょうか?

【ご主人】

設計の児嶋先生と﨑山さんが、当時住んでいた社宅へ、暮らし方インタビューに来てくれました。どれくらいの物量があって、どれくらいの収納が必要か、すべてそこから割り出されています。玄関に鍵を置いているのを見て、鍵用ニッチを提案してくれたり、こちらが驚くほど細かなところまで見てくれていました。

  • 開放的な空間でのびのびと暮らせる家
  • 開放的な空間でのびのびと暮らせる家

【奥様】

毎日の暮らしをシミュレーションして、間取りに反映してもらいました。外から帰ってきて、まずはコートを土間で収納し、洗面台で手を洗い、服を着替えてリビングへ。動線がスムーズなんです。それと、掃除のしやすい家にしたかったから、家具をできるだけ減らしたかった。必要なものが必要な場所に納まる収納計画も考え抜いてくれました。

間取りで悩んだ点は?

【ご主人】

リビングを広く確保できるように、庭との兼ね合いを考えながら最大限に広げてもらいました。駐車スペースをこうすれば、リビングがもう少し広げられるなど、いろんなパターンで考えてもらって。

【奥様】

リビングの広さを優先したから、和室をつくるのは難しかったんです。でも、どこかに畳のあるスペースがほしい。それで、2階の収納の前に2畳ほど作ってもらったんです。収納を優先するか、畳のスペースを広げるかでは悩みましたね。

【ご主人】

収納を優先した方がいいのかなとも思ったんですが、アイスタイルさんからの提案で、この形に。寝そべりながら本を読むのにちょうどいい場所ができました。収納には僕の本などを仕舞っているので、本当に使い勝手がいいですよ。

  • 開放的な空間でのびのびと暮らせる家

【奥様】

アイスタイルさんと話し合いながら、試行錯誤すること自体が楽しかったです。打ち合わせ中は社長の奥さんが子どもを見てくれたから、思いっきり打ち合わせを楽しめました。本当の孫のように可愛がってくださるんですよ。

  • 開放的な空間でのびのびと暮らせる家
  • 開放的な空間でのびのびと暮らせる家
  • 開放的な空間でのびのびと暮らせる家

アイスタイルからの提案で印象に残っていることを教えてください

【奥様】

一番感動したのがランドリースペース。洗う、干す、しまうがワンストップでできてしまうんです。室内干しだし、やっぱり臭いは多少あるんじゃないかなと心配で、外にも洗濯物が干せるようにしてもらったんですが、一度も外で干したことがありません。不思議なくらい臭いがしないんです。漆喰ってすごいですね。何時に洗濯してもいいし、洗いあがった洗濯物を各部屋のタンスに仕舞いに回ることもない。ものすごくスムーズになりました。

  • 開放的な空間でのびのびと暮らせる家
  • 開放的な空間でのびのびと暮らせる家

【ご主人】

実際の広さを確保するだけでなく、広がりを感じられる家にしてくれました。天井の高さやリビングとウッドデッキとのつながり、間接照明もそう。視界が抜けていくから、実際以上に広く感じられるんです。

  • 開放的な空間でのびのびと暮らせる家
  • 開放的な空間でのびのびと暮らせる家

なんだか、ほっとする間接照明ですね

【ご主人】

これも、ほとんどアイスタイルさんに提案してもらって、そのまま採用した感じです。今となっては、さすがだなと思うことばかり。吹き抜けで天井が高いから、照明が届かず暗くなるんじゃないかと心配したんですが、テレビボード背面の間接照明や、壁に設置した照明で十分すぎるくらいに明るい。もし暗くても大丈夫なように、念のために照明を増やしてもらったりしましたが、ほぼ使っていません。「いらないと思いますが、そこまでおっしゃるなら」と付けてもらって、やっぱり不要でしたね(笑)

  • 開放的な空間でのびのびと暮らせる家
  • 開放的な空間でのびのびと暮らせる家
  • 開放的な空間でのびのびと暮らせる家

すべての望みを叶えてもらえた感じですか?

【奥様】

こちらの希望をそのまま叶えるのではなく、私たちがなぜそれを望んでいるのか、理由を探った上で提案してくれるんです。たとえば、ウッドデッキの上にカフェみたいなオーニングを設置したいと希望したのですが「それがほしい理由は何ですか?」と聞いてくれて。雨の日でもウッドデッキで過ごしたいと伝えたら、耐久性やメンテナンス面も考えて、カバードポーチを提案してくれました。

  • 開放的な空間でのびのびと暮らせる家

【ご主人】

ほかにも、ランドリースペースに勝手口をつけようかと言っていたんです。今までマンションだったから、買い物したものを持って上がるのが大変で。勝手口があれば、車から降りてすぐ荷物を置けるなと。でも﨑山さんから「必要ないと思いますよ」と言われて、やめました。お金も余分にかかりますしね。住んでみて、本当に必要なかったですね。

こだわっておられなかったのに、こんな家が完成したんですね!

【奥様】

そうですね。こだわりがない私たちでも、希望を引き出してくれ、ぴったりの選択肢を出してくれる。特に私たちはデザイン的なこだわりがあまりなかったから、ちょっとした建具や照明など、すべて決めるのがしんどいなと思っていたんです。﨑山さんがあらかじめ部材を選んでくれて、その中から決めさせてもらえて助かりました。

  • 開放的な空間でのびのびと暮らせる家
  • 開放的な空間でのびのびと暮らせる家
  • 開放的な空間でのびのびと暮らせる家

施工中、印象に残っていることはどんなことですか?

【ご主人】

OBさんの家で見せてもらって、うちも是非と、一枚板を天板にしたカウンターを作ってもらいました。この木は、﨑山さんと一緒に銘木店に行って決めたんです。

【奥様】

銘木店でちょうどいい無垢のカウンター材が見つかって、こんなのをトイレの洗面台なんかにつけられたらよかっただろうなと思っていたら、「トイレのカウンター、タイルをやめてこの木を使いましょうか」と﨑山さんから言ってくれて、びっくり!「できるんですか?」って思わず前のめりになってしまいました。もう仕様も予算もすべて決まっていたし、今さら変更できないだろうと思って言わなかったんですけど、「なんでわかったの?」という感じでした。

  • 開放的な空間でのびのびと暮らせる家
  • 開放的な空間でのびのびと暮らせる家
  • 開放的な空間でのびのびと暮らせる家

実際に住み始めてみて、いかがですか

【奥様】

住み始めた初日から、この家のよさを実感しています。引っ越す前からどこに何を仕舞うか決まっていたから、段ボールがすぐに片づきました。前の社宅に住みはじめた時は、家具は何センチのものを買えばいいかを計りながら買い揃えて、そこに無理矢理、荷物を詰め込んで。片づけるのに半年はかかりましたから。

【ご主人】

注文住宅って、建ててから、ここをこうしておけばよかったってことが普通だと思うんですが、それが一切ないんです。吹き抜けを大きくしたから夏は暑いかなと思ったけど、家の中の方がひんやりしているくらい。僕は極度の暑がりで汗かきだから、多少エアコンも使いましたが、今までとは比べものにならないくらい快適で驚きましたよ。

【奥様】

住み始めてからの発見も多いです。引き戸のレールがすべて吊り戸になっていて、床に溝がない。そのおかげで、すごく掃除がしやすいんです。それに生ゴミを処理するディスポーザーが便利で、もう手放せません。排水溝の掃除のような小さなことが、毎日積み重なってストレスになっていたことに気づきましたね。

  • 開放的な空間でのびのびと暮らせる家
  • 開放的な空間でのびのびと暮らせる家

この家に住み始めてからの変化は?

【奥様】

息子のキャラが変わりました(笑) 前は引っ込み思案だったのに、すごく人なつこくなって。保育園の先生から、積極的になったねと言われました。4月に入居して、夏くらいですかね。実家のじいじ、ばあばも驚いています。目に見える部分で言うと、前の家では肌が乾燥していてカサカサになっていたんですが、この家ではまったくなくなりました。帰ってきたらすぐに靴下を脱いで、毎日、走り回っていますよ。

  • 開放的な空間でのびのびと暮らせる家

じゃあ、息子さんも夜はすぐに寝てしまうようになったのでは?

【奥様】

そうですね。でも、居心地がいいから私のほうが先に眠ってしまって。

【ご主人】

うん。寝かしつけてくると寝室に行って、降りてきたことないね(笑)

これから家づくりを考えている方に、アドバイスをお願いします

【ご主人】

自分と同じ向きに立って、真剣に考えてくれる人を選ぶこと。それに尽きると思います。会社は利益を出さなければならないし、営業の人は生活をかけて売らなければならない。それはもちろんだけど、それだけじゃない仕事をしてくれる人がいる。そういう人に会えるかどうかで、家づくりが決まると言っても過言ではないと思います。

  • 開放的な空間でのびのびと暮らせる家
  • 開放的な空間でのびのびと暮らせる家
  • 開放的な空間でのびのびと暮らせる家

【奥様】

情報収集も大切ですね。何ができるのかを知らなければ、「家ってそういうものか」で終わってしまう。たいていの人にとって、家づくりは1回きりのこと。どんなことが、どこまでできるのかを知らなければ、叶えようもないですよね。住んでいる人の意見は特に参考になりますし、まずは動いてみるのがいいと思います。

  • 開放的な空間でのびのびと暮らせる家
  • 開放的な空間でのびのびと暮らせる家
  • 開放的な空間でのびのびと暮らせる家
  • 開放的な空間でのびのびと暮らせる家
  • 開放的な空間でのびのびと暮らせる家
  • 開放的な空間でのびのびと暮らせる家
  • 開放的な空間でのびのびと暮らせる家

家を建ててよかったと思う時はどんな時ですか?

【奥様】

「ここは走ってもいいの?」と聞く息子に、ここはどこを走ってもいいおうちよって言ってあげられた時は本当に嬉しかった。子ども心に気を遣っていたんでしょうね。前のおうちがあまり好きじゃなかったみたいで、「走ったらあかんおうち」と言っています。

【ご主人】

妻と息子の喜ぶ顔を見る時が、一番嬉しいですね。木の香りに包まれて、帰ってくるとほっとする。いい家ができたなぁと、しみじみ思いますよ。

  • 開放的な空間でのびのびと暮らせる家
  • 開放的な空間でのびのびと暮らせる家

【奥様】

アイスタイルさんを紹介してくれた友人と、私たちが紹介した友人、それに﨑山さんの4家族で、今度クリスマスパーティーをするんです。家そのものの満足度だけでなく、そういうつながりが続いていくのが、本当に幸せなことだと思いますね。

  • 開放的な空間でのびのびと暮らせる家
  • 開放的な空間でのびのびと暮らせる家
  • 開放的な空間でのびのびと暮らせる家

  • イベント情報
  • 来場予約
  • 資料請求・DVD贈呈
  • ご相談・お問い合せ