HOME > お客様の声 > 自然と家族が集まる楽しいリビングのある家
お客様の声

お客様の声

自然と家族が集まる楽しいリビングのある家

自然と家族が集まる楽しいリビングのある家

お客様インタビュー

Interview
お客様インタビュー

「家を建てようと思ったきっかけを教えてください」

【ご主人】

いつかは家を持ちたいと思っていました。マンションよりも安上がりな古い借家に住んで、出費を抑えながら準備していました。

【奥様】

今、4歳の長男が小学校に上がるまでにはと考えて、動きはじめました。私は注文住宅が希望でしたが、主人は予算面のこともあり中古住宅を希望。幸い、いい土地がみつかり、予想していたよりも予算を抑えられそうだと判明して、注文住宅を考えるようになりました。

  • 自然と家族が集まる楽しいリビングのある家
  • 自然と家族が集まる楽しいリビングのある家

「まずはどんなことから家づくりをスタートさせましたか?」

【奥様】

住宅展示場に行きました。でも、印象に残る家がなく、あまり前に進まなかったです。

【ご主人】

とりあえず本を買って、家づくりの勉強をしようと古本屋を覗いてみました。そこで「ハウスメーカーと官僚がダメにした日本の住宅」という澤田升男さんの本に出会ったんです。この本で、家づくりの方向性が定まりましたね。自然素材への興味も出てきたし、何よりも興味を持ったのが「生体エネルギー」。本の巻末に生体エネルギーの家を施工する工務店のリストがあったから、調べてみることにしました。

「それでアイスタイルを知ったんですね」

【ご主人】

はい。HPで井上社長の顔を見て、行ってみようと思いました。ビジネス一辺倒じゃなく、家づくりを楽しんでいるような雰囲気を感じたことが大きかったですね。

  • 自然と家族が集まる楽しいリビングのある家
  • 自然と家族が集まる楽しいリビングのある家
  • 自然と家族が集まる楽しいリビングのある家

「直接、訪問した時の印象を教えてください」

【ご主人】

電話をして、その日の午後にショールームに行きました。家づくりについて考えはじめたばかりで、こちらの意向もうまく言葉にできなかったけれど、井上社長が熱く一生懸命に語ってくれたことが印象的ですね。

【奥様】

ショールームのあったかい雰囲気がとても気に入りました。デザインもすごくかわいくて、「こんな家が建てられたらステキだろうなあ」と夢が膨らんで。もともとカントリー系の家や雑貨が好きだったけど、こんな可愛い家を叶えるのは難しいだろうと思っていたんです。だから、たとえ普通の家でも、雑誌などを参考にして可愛く飾り付けようと思っていました。

「初回の訪問から気持ちが傾いていたんですね」

【奥様】

はい。あの日の帰り道、車の中で「あの会社がいいね」と夫婦で言い合っていたんですよ。実はあの時点で、ほぼ決まっていたのかも知れませんね。

【ご主人】

それで、買おうと思っている土地を一度見に来てもらうことにしました。ここに家を建てるならどんなプランになるか、設計図を描いてもらおうと。その時に提案してもらった間取りが気に入り、ほぼそのまま今の家のベースになっています。

「見学会など、イベントにも参加されたんでしょうか?」

【奥様】

たくさん参加しましたよ。完成見学会に構造見学会、住みはじめてからの家にも行かせてもらいました。間取りやデザインは違っても、どれも可愛い家ばかり。うちならどんな風になるのかな、なんて夢を膨らませながら見ていました。

【ご主人】

それからファイナンシャルプランナーさんの個別家計コンサルティングにも参加しました。保険の見直しや家計のムダを探すような内容だったけど、大体、うちが今までやってきた通りでOKと分かりました。ローンのシミュレーションもしてもらって、安心材料の一つになりましたね。

「最終的な依頼の決め手は?」

【ご主人】

まず、井上さんや﨑山さんの人柄。真剣に家づくりに取り組む姿勢です。そして家のスペックが非常に高いということ。想定していた予算より少し上回ってしまったけれど、根拠のある金額だから納得できた。それに、生体エネルギーの家が建てられますしね。

「生体エネルギーに興味を持ったのは、どんな点ですか?」

【ご主人】

世の中には人知を超えた出来事がたくさんあると思うんです。科学で解明されていないことなんて、まだまだいくらでもある。たとえば、なぜその季節になれば花が咲くのか、完全に分かっている訳ではない。分からないけれど、確かに存在する。生体エネルギーもそれと同じだと思います。なぜだか心の琴線に触れた、そんな感じですね。

「打ち合わせの中で印象に残ることは?」

【奥様】

打ち合わせに行くたびに、後日、崎山さんからお手紙が届くんです。プリントした手紙じゃなく、手書きで。あたたかい気持ちを感じるお手紙に、じんわりとさせられることがたびたびありました。

【ご主人】

手紙を書く、口で言うのは簡単ですけど、なかなかできませんよ。直筆で書くなんて。忙しいのもよく分かりますしね。それを敢えてしてくれるところに、すごく価値があるんです。

「デザインや間取りのこだわりを教えてください」

【ご主人】

子どもの頃から熱帯魚が好きで、水槽が置きたかったんです。今まで住んでいた借家でも置いていたんですが、もっと大きな水槽を置きたかった。あとは自分用の書斎スペース。どれも叶って、大満足です。

【奥様】

広々としたテラスも希望でした。掃き出し窓を開ければリビングとテラスが一続きで。夏はプールも楽しめました。キッチンで家事をしながら、子どもが遊ぶ姿が見えるのは安心でした。

【ご主人】

最初の提案では一階に和室がある間取りだったけど、水槽を置くスペースを設けたので、和室は二階につくってもらいました。将来、仏壇を置くかもしれないし、地方に住む両親が泊まりに来たときにも使いたい。やっぱり和室はあって良かったですね。

【奥様】

洗面のナチュラルな色のタイルもとても気に入っています。洗面ボウルも広めにとってもらったから、とても使いやすくて。デザインの面でも使い勝手の面でも言うことなしです。

  • 自然と家族が集まる楽しいリビングのある家
  • 自然と家族が集まる楽しいリビングのある家
  • 自然と家族が集まる楽しいリビングのある家

「着工中の思い出は?」

【ご主人】

工事中も時々現場に来させてもらいました。気さくな大工さんで、直接話せたのもいい思い出。大工さんにお願いして、端材を置いておいてもらったんです。その木で、棚やいろいろなものを作りましたよ。

【奥様】

見学会で見たお宅のキッチンカウンターがとても可愛くて、どうしても真似したくなってしまったんです。カウンターの真上とサイドに固定棚を渡して、雑貨が飾れるようになっていて。すでに建設中だったけど、思い切って相談してみました。一生一度の家づくりだから、どうしても妥協したくなくて。快く対応してもらえて、相談してよかったです。今でもキッチンが一番のお気に入りです。

  • 自然と家族が集まる楽しいリビングのある家
  • 自然と家族が集まる楽しいリビングのある家
  • 自然と家族が集まる楽しいリビングのある家

「アイスタイルにして良かったと痛感されたエピソードがあったとか」

【奥様】

私たちの家に使われる床材の一部に、抜け節の多い床材があったようです。自然素材だから固体差があるのは当然だし、私たちも納得していました。でも、わざわざ新たに床材を仕入れて使ってくれたんですよ。

【ご主人】

大工さんが井上社長に相談してくれたそうです。相談を受けた社長が「よく気が付いてくれましたね」と、大工さんに感謝してくださったと聞いた時は感動しました。会社の経営だけを考えたら、新たな仕入れをするのはロスになる。「どっかその辺に使っておけ」っていう感じが普通だと思うんですけど、井上さんは住む人のことを本気で考えてくれるんです。

【奥様】

「すべてはお客様のために」っていう井上さんの言葉は本当だったんだって、この時に一番よく分かりました。

「住み始めてみての感想は?」

【奥様】

住んでみて、この心地よさには本当にびっくりしています。自然素材の家が、こんなにいいものだとは。ずっと古い借家に住んでいましたし、実家も築33年の一戸建てだったから、家としての機能は望むべくもなかった。暑い、寒いは仕方がないし、結露するのも当たり前。家とはそういうものだと思っていました。だから、この家に住みはじめて、暮らし方が随分変わりましたよ。

「暮らしが変わったのはどんな部分ですか?」

【奥様】

まず、朝が寒くない。今は12月ですが、まだエアコンは使っていません。今まではエアコンをかけずにはいられなかったし、つけたらつけたで喉も痛くなるし。つけたり消したりを繰り替えしていて。今年は喉も肌も快適です。これは本当にありがたいですね。

【ご主人】

この家の快適さは冬の方がよく感じられると思います。なにしろ断熱がいいですから。本当に暖かいですよ。夏は猛暑だったこともあり、やはりそれなりに暑かったですが、今までと違うのは、外から帰ってきたら涼しいこと。今までの家は室内が蒸れるような暑さだったんです。それを考えると、今年はさっぱりとした暑さでしたね。

  • 自然と家族が集まる楽しいリビングのある家
  • 自然と家族が集まる楽しいリビングのある家
  • 自然と家族が集まる楽しいリビングのある家

「自然素材の心地よさを実感するのはどんな時ですか?」

【奥様】

漆喰の性能が想像以上でした。家のニオイがまったくしないんです。料理のニオイも作って数時間で消えていくから、帰宅した主人も、その日のメニューが当てられなくなってしまいました(笑)以前の家では、玄関に入った瞬間、食卓に上っている料理を当ててしまうくらいだったんですけどね。

【ご主人】

そういえば我が家でバス体感ツアーを開催した時も、前日のカレーのニオイが全然しなくてびっくりしましたね。

【奥様】

湿気がこもらないのもいいですよ。結露しないから、冬の朝の仕事が減って助かっています。結構な重労働ですからね。かといって、カビがはえたら体に悪いから、しないわけにもいかないですし。今は、入浴後に浴室の扉を開けても、脱衣所の鏡がくもらないくらいです。

  • 自然と家族が集まる楽しいリビングのある家
  • 自然と家族が集まる楽しいリビングのある家
  • 自然と家族が集まる楽しいリビングのある家

「生体エネルギーを感じるのはどんな時ですか?」

【ご主人】

実はそれほどないんです(笑) お酢のすっぱさが変わるっていう見学会での実験も、実はよく分からなかったくらいで(笑) それでも生体エネルギーという言葉に惹かれたのは、自分の中のDNAがそのことに興味を持っていて、それに反応したからだと思うんです。その流れに素直に乗っかったおかげで、こんなにも快適な家が叶えられたわけですし。やはり、縁や運はあると思いますね。

「家づくりを振り返ってみて、いかがですか?」

【ご主人】

家を建てるにあたって、量産ハウスメーカーよりも工務店で建てたいという意向は早い段階からありました。量産メーカーの家に、それほどの価値があるとは思えなかった。とはいえ、工務店もいくつか見たけど、それほど心が動かされず、どこと話してもあまり話も進まなかったんです。それが、アイスタイルに行ったら、その日のうちに夫婦そろって決めようという気になった。これはやはり、何かあるんですよね。大きくても住み心地の悪い家ではどうしようもない。素材がよく、快適に住める家が一番。そういう意味では、最高の家になったと思います。

【奥様】

本当にそうですね。毎日が心地いいですよ。木の足触りも、漆喰に包まれたキレイな空気も。子どもたちも、家に帰るとすぐに靴下を脱いでしまうんです。今までの家では、そんなことはしなかったのに。理屈抜きに気持ちいいんでしょうね。

  • 自然と家族が集まる楽しいリビングのある家
  • 自然と家族が集まる楽しいリビングのある家
  • 自然と家族が集まる楽しいリビングのある家

「これから家を建てる人にアドバイスをするとしたら」

【ご主人】

注文住宅とひとことで言っても、どれくらい自由にできるかは会社によって全然違う。自然素材も生体エネルギーも、どれくらい真剣に取り組んでいるかは、施主がしっかり確かめないといけないと思いますね。こちらの意向を汲み取って、一緒に努力してくれる会社を選ぶことが大事じゃないでしょうか。

  • 自然と家族が集まる楽しいリビングのある家
  • 自然と家族が集まる楽しいリビングのある家

  • イベント情報
  • モデルハウスに行こう
  • 資料請求・DVD贈呈
  • ご相談・お問い合せ