HOME > お客様の声 > 吹抜けホールでお家図書館を愉しむ家
お客様の声

お客様の声

吹抜けホールでお家図書館を愉しむ家

吹抜けホールでお家図書館を愉しむ家

お客様インタビュー

Interview
お客様インタビュー

家づくりのきっかけを教えてください

【ご主人】

結婚してから住んでいたハイツは間取り2DK。子どもが生まれたことで物が増えて、このまま大きくなったら手狭になることは目に見えていました。家賃ももったいないし、いずれは建てようと思っていたから、そろそろ動きはじめようか、と。

【奥様】

友人が家を建てて、すごく素敵な木の家だったんです。その頃から木の家への憧れがありました。だけどこの頃はまだ、素材が健康に影響を及ぼすとは知らず、デザイン面で好きになった感じです。

アイスタイルとはどのように出会われましたか?

【奥様】

その家を建てた友人から井上さんと﨑山さんを紹介してもらって、見学会に行ったのが初めての出会いです。住んでいた家の近所で見学会があったから、なにげなく足を運んだのがきっかけですね。

  • 吹抜けホールでお家図書館を愉しむ家

【ご主人】

初対面の時から他の会社とは違う感じはありました。がつがつ営業してくる感じがまったくなくて。いくつかハウスメーカーさんも見に行っていたんですが、モデルハウス見学の翌日に「ピンポーン」とくる。こちらも家を建てたいという熱が高まっている時だったら、それもいいのかも知れないけど、まだ情報収集中でいろんなところを見て回ってる段階。ちょっと引いてしまいました。

【奥様】

井上さんたちとは、初対面の時から気軽にフラットに話せました。「他社もたくさん見て回って、勉強されたらいいと思いますよ」と言ってくれて。

  • 吹抜けホールでお家図書館を愉しむ家
  • 吹抜けホールでお家図書館を愉しむ家

他の会社へも、勉強にいかれたのでしょうか?

【ご主人】

そうですね。でも、ハウスメーカーさんのモデルハウスって、どこも結局似てるんですよ。同じような建材を使っていて、デザインもシンプルモダンっぽい似たような感じで。なんていうか、すべてが想定どおり。それでいて価格だけはすごく高いっていう。

【奥様】

早々にハウスメーカーの選択肢はなくなって、次は工務店さんを回りました。木の家がほしかったから、自然素材の家を謳っている会社ばかり。でも、どこもピンとこなくって。

どういったところがピンとこなかったのでしょうか?

【ご主人】

一つ目の会社は漆喰のことしかアピールしてこない会社でした。もう一社は、無垢の木の話だけ。素材は大事だけど、それだけで健康な住まいは作れませんよね。間取りだとか、構造だとか重要な要素はいくつもある。そういう意味で、アイスタイルさんほどの感動がなかったんです。

  • 吹抜けホールでお家図書館を愉しむ家
  • 吹抜けホールでお家図書館を愉しむ家

【奥様】

どこか薄っぺらく感じる、というか。「自然素材の家もやってる」程度の会社と、「自然素材を使った家しか作らない会社」とは違いますしね。モデルハウスに入った瞬間「あ、ここはないな」って思ったことも。

アイスタイルに気持ちが傾いていったのは、どんなところでしたか

【ご主人】

アイスタイルさんの見学会に何度か参加させてもらいましたが、健康に暮らせる家づくりのための方策というか、考え方があらゆる面にまで行き届いているんです。見学のたびに発見があり、勉強になり、感動がある。建てるなら、こういう会社に任せたいなという気持ちになっていきました。

  • 吹抜けホールでお家図書館を愉しむ家
  • 吹抜けホールでお家図書館を愉しむ家
  • 吹抜けホールでお家図書館を愉しむ家

【奥様】

アイスタイルさんを通して、いろんなことを学びました。国の基準をクリアしているからといって、必ずしも安全性が確保されている訳じゃない。そういったことは、自ら知ろうとしなければ分からないことなんですよね。

【ご主人】

その後もいくつも会社を回りましたが、だんだんと「アイスタイルさんに決めるための動き」に変わっていきました。

そこから家づくりがスタートしたんでしょうか?

【奥様】

いえ。その後、随分と長い間、期間が空いてしまうんですよ。家づくりのために動き始めたのが育休中。2年間の育休中に、なんとか時間を作れるようになったのが、子どもが1歳になった頃。職場復帰したら、それどころではなくなるのは分かっているから、なんとか育休中に決めたかったんですが・・・。

【ご主人】

復帰後は、平日はふたりとも仕事で遅いですし、息子の保育所の送り迎えも加わって、それどころではなくなってしまいました。気がついたら、2年、3年と過ぎていました。

家づくりは一旦、白紙に戻った感じですか?

【ご主人】

アイスタイルさんのことは忘れてなかったけど、なかなか時間が取れなくなってしまった感じですね。

【奥様】

私は保育の仕事をしているのですが、与えるおもちゃひとつとっても、プラスティックと木のものでは違う。プラスティックは壊れてしまうけれど、木は壊れにくいですし、手触りの温かさにも大きな違いがある。子どもにとっての「いい環境って?」と考えると、やはり素材のいい家にしたい。そんなことを考えながら過ぎていった数年間でした。

  • 吹抜けホールでお家図書館を愉しむ家
  • 吹抜けホールでお家図書館を愉しむ家
  • 吹抜けホールでお家図書館を愉しむ家

家づくりを再開するきっかけとなったのはどんなことでしょうか?

【ご主人】

家づくり熱が再燃したのはアイスタイルさんのモデルハウスを見てからですね。たまたまアイスタイルさんの前を通りすがって、ふと見るとモデルハウスができていたんです。

【奥様】

それで、買い物に出かけた帰りに、ちょっと寄ってみることに。

【ご主人】

そこで﨑山さんに再会して、第一声は「太りました?」って(笑)。わ、覚えててくれたんだ!って。

【奥様】

その一言は私もすごく印象に残っています(笑)。実はそれまで事務所もいったことがなくて、完成見学会でしかお会いしたことはありませんでした。モデルハウスを見せてもらっていると、見学会で見た素敵なお家の印象が蘇ってきました。

  • 吹抜けホールでお家図書館を愉しむ家
  • 吹抜けホールでお家図書館を愉しむ家
  • 吹抜けホールでお家図書館を愉しむ家

今度こそ、本格的に家づくりが進んだんですね!

【ご主人】

はい。そこからは一気に進みました。ちょうど金利の変わり目で、早いうちに決断しよう、と思ったこともありました。

【奥様】

金利のことは、私はよく分からないんですが、その頃には子どもの荷物も爆発的に増えていて、そろそろ本気で住み替えないと、と動きはじめました。アイスタイルさんのモデルハウスに行ったとき、息子も喜んで走りまわっていたんです。家の良さも会社の良さも分かっていた。それで、アイスタイルさんにお願いしようと決めたんです。

まずは土地探しからでしたよね

【ご主人】

さっそく﨑山さんに土地探しをお願いしました。土地見学の初日に2つの土地を見にいって、そのうちのひとつがこの土地です。そこから先は、すべてがアッという間でしたね。

間取りプランはどのように進みましたか?

【ご主人】

設計の先生と﨑山さんにハイツに来てもらって、荷物の量を見てもらいました。

【奥様】

物が多い方ではないけれど、収納はできるだけ多く取ってもらいました。キッチンカウンターの下もたっぷりの収納を設計してもらって、リビング回りのものはすべてここに。我が家は共働きなんで、ランドリースペースも絶対にほしかったですね。

【ご主人】

こちらの要望を伝えて、出してもらったプランを一発で気に入りました。おお!という感じで。今の家は、ほぼそのプランが形になったものです。

  • 吹抜けホールでお家図書館を愉しむ家

「おお!」と声が出るくらい、気に入ったポイントはどこでしょうか

【ご主人】

2WAYの玄関なんですが、今までみたことがないプランで「これいいな!」って。玄関ドアをあけると左右に入り口が分かれているんです。

  • 吹抜けホールでお家図書館を愉しむ家

【奥様】

一方がお客様用の入り口で、リビングと和室に進めるようになっています。もう片方は家族用。上着をかけて、靴をしまって、洗面台とトイレの前を通って、キッチン脇に繋がっている。帰ってきた時の手洗いうがいがスムーズですし、子どもがもう少し大きくなったら、外で遊んでいる途中にトイレに帰ってきて、またすぐに出かけられる。すごく気に入りました。

  • 吹抜けホールでお家図書館を愉しむ家

間取りで迷われた点はありますか?

【ご主人】

玄関がある北側に道路があって、南側は田んぼ。今はすごく開放感があるけれど、もし万が一ここに家が建っても光が入るように、吹き抜けも作ってもらいました。僕は最初、吹き抜けはいらないかなと思っていたんです。その分、部屋にしたほうがいいんじゃないかって。もしこの吹き抜けがなかったらどんなプランになるんだろう?と思って相談したら、その場合の間取りも作ってくれたんです。吹き抜けの面積が変わるとどうなるのかも知った上で、やっぱり最初に提案されたプランに落ち着いた。このプロセスを踏むことで、確信を持って進めていくことができました。

  • 吹抜けホールでお家図書館を愉しむ家
  • 吹抜けホールでお家図書館を愉しむ家
  • 吹抜けホールでお家図書館を愉しむ家

着工中は現場を見に行かれましたか?

【奥様】

着工現場は自宅から近かったですが、もう本当に忙しくて、なかなか見にいくことができませんでした。すでに家を建てた友人からは「マメに現場を見にいってチェックしとかないといけないよ」とアドバイスされていたけど、アイスタイルさんの大工さんは大丈夫。何度か会っただけですが、大工さんの人柄が分かって、安心してお任せできました。

建築中で、記憶に残ることはどんなことでしょうか

【ご主人】

リビングのデスクカウンターは鳥取さんと銘木店にでかけて一緒に選んだんですよ。

  • 吹抜けホールでお家図書館を愉しむ家
  • 吹抜けホールでお家図書館を愉しむ家
  • 吹抜けホールでお家図書館を愉しむ家

【奥様】

息子が気に入って、この板にチョークでお絵かきしはじめて。その板が、今ここにあるんです。その時の写真はもちろん、家づくりのいろいろな場面で写真を撮りためてくれていて、引き渡しの時に、コラージュにしたものをプレゼントしてくれました。いろんな思い出が蘇って、うれしかったですね。

  • 吹抜けホールでお家図書館を愉しむ家
  • 吹抜けホールでお家図書館を愉しむ家
  • 吹抜けホールでお家図書館を愉しむ家

この家の、一番好きな場所はどこでしょう?

【奥様】

一番好きなのは、2階ホールに作ってもらった絵本コーナーです。仕事柄もあり、絵本の蔵書が多いんです。今までの家には置ききれなくて、一部を実家に置かせてもらっていました。両親からも「もう結婚して何年も経つんだから、そろそろ荷物は全部引き上げたら?」って言われるし、「あれ?あの本どこだっけ?」と思ったら実家に置いていたりで、困ることが多かった。今はすべてここに集約できるからいいですね。絵本に囲まれていたからか、本が大好きな子どもに育ちました。ピアノの練習もここでやりますよ。

  • 吹抜けホールでお家図書館を愉しむ家

【ご主人】

僕が一番好きなのはリビングとキッチン。料理は僕がすることが多いんですが、使い勝手がいいから、料理をしながら嬉しくなります。

  • 吹抜けホールでお家図書館を愉しむ家

住み心地はいかがですか?

【ご主人】

前の家は、真夏は玄関を開けた瞬間に熱風に圧倒されそうなほど。今は窓を閉めていたはずなのに、なんで涼しいのかな?って不思議になるくらい。

【奥様】

よその家はみんな窓を閉め切っているのに、うちだけ窓が空いているから「なんで開けてるの?エアコンは?」ってご近所から聞かれたこともありますよ(笑)。真夏でも、エアコンをつけたのは数えるほど。冬も1階のヒーターだけで、吹き抜けを伝って2階まで暖かい。それから、湿気とカビにも悩まされていたけれど、今は結露自体を見かけることがなくなりました。暮らしはかなり変わりましたね。

  • 吹抜けホールでお家図書館を愉しむ家

アイスタイルからの提案で、よかったと思うのはどんなことですか?

【奥様】

2階の窓は、ウィンドキャッチっていう窓なんですけど、その名の通り直角に開いて、吹く風を捕まえて家中に取り込むんです。って説明はされたものの「そんなうまくいくのかな~」って実は半信半疑でした(笑)。でも、実際に住み始めてみてびっくり。本当に、風がすごく気持ちいいんです。これも夏場にエアコンをあまり使わずに済んだ理由ですね。あとはランドリースペース。アイスタイルさんの見学会で見て、絶対にうちもほしいと思っていたんです。これは本当に、作ってもらって大正解。毎日、夜に洗濯して、干して、翌日仕事から帰ったら畳んでランドリースペース内の収納に仕舞うことができる。ここだけで完結できるんです。

  • 吹抜けホールでお家図書館を愉しむ家

あたらしい住まいに引っ越して、お子様の変化はありますか?

【奥様】

息子が家の中を走り回るようになりました。ハイツだったらこうはいかなかったですよね。そもそも走るスペースもありませんでしたし。今は雨降りの日でも、家の中で思い切り遊べる。楽しそうですよ。

  • 吹抜けホールでお家図書館を愉しむ家

【ご主人】

息子にとったら毎週の打ち合わせも楽しみだったみたいで、完成して行くことがなくなって寂しそうなんです。いつも鳥取さんたちに遊んでもらっていたから。

お仕事の合間を縫っての家づくり。振り返って、いかがですか?

【奥様】

注文住宅って、決めることがいっぱいあるんですよ。照明やタイルの色、棚の高さ、大きさ、建具、すべて自分たちの思い通りにできるけど、すべて自分たちで判断しないといけない。それが大変でしたね。

【ご主人】

週末に打ち合わせをして、平日に夫婦で話し合って、次の週末にその結果を伝えて前に進めていくはずが・・・

【奥様】

私もフルタイムで働いているんで、仕事を終えて息子をお迎えに行ってからはもうバタバタです。寝かしつけている間に私も眠ってしまうし、主人はほとんど毎日深夜まで残業。

【ご主人】

何度も手つかずのまま出かけて「すみません、何も決められていません」と、毎回正直に伝えてました。﨑山さんも鳥取さんも優しいから「大丈夫ですよ!一緒に考えましょう」って言ってくれるんですよ。その笑顔に何度救われたことか。

  • 吹抜けホールでお家図書館を愉しむ家

【奥様】

あまりにも毎週、なんにも決めきれずに打ち合わせに行くから、「いくら﨑山さんたちとはいえ、そろそろ怒られるだろう」って話してたんですよ。でも、一度もイヤな顔されたことがないんです。

  • 吹抜けホールでお家図書館を愉しむ家

【ご主人】

時間のない僕たちのために、﨑山さんがある程度チョイスしてくれて、その中から選ばせてもらったことも多々。

【奥様】

﨑山さんが私たちの好みをうまくつかんでくれたからこそ、この家ができたと言っても過言じゃないです。じっくりとカタログやネットを見て決める方法もあるけれど、私たちのように時間のない家庭もある。そういう人も、アイスタイルさんだったら理想の住まいになると思いますね。

家づくりを考えている方にメッセージをお願いします!

【ご主人】

自然素材のよさを引き出した家も、アイスタイルさんのスタッフの人柄も、住みはじめてからの居心地のよさも、すべてアイスタイルさんでしか叶えられない家になったと思います。玄関のドアをあけた瞬間、木の香りがする。そのたびに「いい家だなあ」って思えるって、幸せなことですよ。

  • 吹抜けホールでお家図書館を愉しむ家

【奥様】

本当にそうですね。世間で言われていることや、国の基準が安全なんだと思いこむことなく、自分たちに必要なことを知った上で、家づくりをする。そのことが結局は一番大切なのかなと思います。

  • イベント情報
  • モデルハウスに行こう
  • 資料請求・DVD贈呈
  • ご相談・お問い合せ