HOME > 安心へのこだわり > 防音性能/断熱測定/ホウ酸処理
  • 安心へのこだわり ~防音性能~
    04

    安心へのこだわり
     ~防音性能~

  • 防音性能 全棟防音測定をします
    防音性能 全棟防音測定をします

    防音性能

    全棟防音測定をします
  • 全棟防音性能測定を実施します

    全棟防音性能測定を実施します

  • アイスタイルが作る家では、実際の防音効果を知っていただくために、
    完成引き渡し前、もしくは引き渡し時に、全棟防音性能測定を実施します。


    【測定方法】

    同じ条件で発生する音を「屋外」と「室内」で計測致します。「屋外」と「室内」の差をお施主様に提示し、どれだけ防音効果があるかをご説明しております。※セルローズファイバーの吸音効果の高い素材により、防音効果はありますが、玄関や開口部などの極端な場所、家具から伝わる振動の音を全て防音することはできません。予めご了承ください。アイスタイルが作る家では、実際の防音効果を知っていただくために、完成引き渡し前、もしくは引き渡し時に、全棟防音性能測定を実施します。

  • ■身近な音の例

    「dB」デシベルとはdBとは基準の信号と比較してどの程度大きいという表現の仕方です。

    120デシベル ・飛行機のエンジンの近く
    110デシベル ・自動車の警笛(前方2m)・リベット打ち
    100デシベル ・電車が通るときのガードの下
    90デシベル ・犬の鳴き声(正面5m)・騒々しい工場の中・カラオケ(店内客席中央)
    80デシベル ・地下鉄の車内・電車の車内・ピアノ(正面1m)
    70デシベル ・ステレオ(正面1m、夜間)・騒々しい事務所の中・騒々しい街頭
    60デシベル ・静かな乗用車・普通の会話
    50デシベル ・静かな事務所・クーラー(屋外機、始動時)
    40デシベル ・市内の深夜・図書館・静かな住宅の昼
    30デシベル ・郊外の深夜・ささやき声
    20デシベル ・木の葉のふれあう音・置時計の秒針の音(前方1m)

    騒音機


    音量のデシベルの定義
    基準となる音圧は通常の人の耳に聞こえる最小音の2×10-5N/m2と比較してどの程度大きいという表現です。
    音量(dB)=20xlog(対象の音圧/基準音圧)基準=2×10-5N/m2

  • 断熱測定 全棟断熱測定をします
    断熱測定 全棟断熱測定をします

    断熱測定

    全棟断熱測定をします
  • ■サーモカメラでの撮影で断熱効果や欠損の確認をします。

    ■サーモカメラでの撮影で断熱効果や欠損の確認をします。

  • 【撮影箇所】
    外壁面、サッシ等開口部廻り、屋根面(小屋裏、吹抜け、下屋等がある場合)、天井面

  • ホウ酸処理 全棟、外壁に面する構造材にホウ酸処理をします

    ホウ酸処理

    全棟、外壁に面する構造材にホウ酸処理をします
  • ■シロアリによる被害

    シロアリによる被害

    掃除機の先が壁の幅木にあたり、その部分が壊れてシロアリの被害が偶然発見されました。このように、シロアリの被害は目に見えない所で、蔓延して行きます。家屋におけるシロアリの被害は木材だけにとどまりません。シロアリはプラスターやメタルサイディングなどを通って家中の何処へでも到達することができます。

  • ■腐朽菌による被害

    腐朽菌による被害

    近年の気密性が高められた家での湿気による被害が多くなっています。
    その湿気は、腐朽菌、シロアリやその他湿気を好む虫が一年中生き延びる
    環境を作り出しています。

  • イベント情報
  • モデルハウスに行こう
  • 資料請求・DVD贈呈
  • ご相談・お問い合せ