HOME > 自然治癒力を生かす真の住環境 > 夏は涼しく冬は北海道基準のあたたかい家

夏は涼しく冬は北海道基準のあたたかい家

北海道や東北からはりまの地へ引っ越してきた方は、『家が寒~い』と驚かれます。実際、大半のエンドユーザー(生活者)やプロユーザ―(工務店や設計事務所など)は、2020年に予定される省エネ基準義務化(平成25年基準)と快適な暮らしが別ものであることを実感として知ることができない状況にあり、兵庫県はヒートショックの発生件数全国ワースト2位です。木造住宅で冬あたたかい家を実現するポイントは、気密と蓄熱です。HEAT20のG2をクリアする遮熱、調湿、蓄熱、透湿、気密を兼ね備えた世界基準の断熱工法『ヘキサグラム断熱』は、気密1.0㎝²/㎡以下・外皮平均熱貫流率0.4~0,45W/(㎡・K)の北海道基準のあたたかい家です。夏は、遮熱と調湿が涼しい住環境を実現します。

北海道や東北からはりまの地へ引っ越してきた方は、『家が寒~い』と驚かれます。
実際、大半のエンドユーザー(生活者)やプロユーザ―(工務店や設計事務所など)は、2020年に予定される省エネ基準義務化(平成25年基準)と快適な暮らしが別ものであることを実感として知ることができない状況にあり、兵庫県はヒートショックの発生件数全国ワースト2位です。
木造住宅で冬あたたかい家を実現するポイントは、気密と蓄熱です。HEAT20のG2をクリアする遮熱、調湿、蓄熱、透湿、気密を兼ね備えた世界基準の断熱工法『ヘキサグラム断熱』は、気密1.0㎝²/㎡以下・外皮平均熱貫流率0.4~0,45W/(㎡・K)の北海道基準のあたたかい家です。
夏は、遮熱と調湿が涼しい住環境を実現します。

  • イベント情報
  • モデルハウスに行こう
  • 資料請求・DVD贈呈
  • ご相談・お問い合せ