HOME > 自然治癒力を生かす真の住環境 > 夏は涼しく冬は北海道基準のあたたかい家 > 基礎断熱アクアフォームNEO

基礎断熱アクアフォームNEO

基礎断熱とは、基礎の立上り部分に断熱材を施工し、建物の外周部ですべての断熱を行う工法です。床下と室内それぞれの温度差が少なくなり、より快適な空間を実現します。

基礎断熱とは、基礎の立上り部分に断熱材を施工し、建物の外周部ですべての断熱を行う工法です。床下と室内それぞれの温度差が少なくなり、より快適な空間を実現します。

床下を安定した
温湿度環境にすることで、
木材の長寿命化につながります。

基礎断熱工法は、床断熱に替わる断熱技術として諸外国で生まれ、寒冷地の北海道の住宅で試行、検証され、昭和50年代に寒冷地の汎用技術として確立しました。床断熱と大きく異なる点は、基礎に断熱区画を設けるという点です。つまり、基礎より内側を室内側と考えるということです。

床下を安定した温湿度環境にすることで、木材の長寿命化につながります。 基礎断熱工法は、床断熱に替わる断熱技術として諸外国で生まれ、寒冷地の北海道の住宅で試行、検証され、昭和50年代に寒冷地の汎用技術として確立しました。床断熱と大きく異なる点は、基礎に断熱区画を設けるという点です。つまり、基礎より内側を室内側と考えるということです。

自然エネルギー利用

冬の日差しは家の中まで入ってきます。床に伝わった太陽エネルギーは床下に伝わり、基礎コンクリートに蓄熱されます。蓄えられた熱は夜間に『放熱』され、床下から家の中が暖められます。また、地面の温度は1年を通じてほぼ一定に保たれています。この地面の温度が、基礎に伝わって床下空間に伝わると、夏涼しく、冬暖かい空間が生まれます。

自然エネルギー利用 冬の日差しは家の中まで入ってきます。床に伝わった太陽エネルギーは床下に伝わり、基礎コンクリートに蓄熱されます。蓄えられた熱は夜間に『放熱』され、床下から家の中が暖められます。また、地面の温度は1年を通じてほぼ一定に保たれています。この地面の温度が、基礎に伝わって床下空間に伝わると、夏涼しく、冬暖かい空間が生まれます。

基礎断熱工法のメリット

冬基礎と土間のコンクリートは室温や地熱の蓄熱層として使えるので、省エネルギー効果と室温の安定に効果があります。夏は外気より低い温度の地熱により、床はヒンヤリ感があり、冬は蓄熱のため暖かくなります。床下空間は室内環境に近いため、冬期、床面の冷たさが和らぐ効果があります。
また、基礎と土間コンクリートの蓄熱効果により配管凍結の恐れがなく、床下が密閉されるので、虫などの侵入を防止できます。

基礎断熱工法のメリット 冬基礎と土間のコンクリートは室温や地熱の蓄熱層として使えるので、省エネルギー効果と室温の安定に効果があります。夏は外気より低い温度の地熱により、床はヒンヤリ感があり、冬は蓄熱のため暖かくなります。床下空間は室内環境に近いため、冬期、床面の冷たさが和らぐ効果があります。また、基礎と土間コンクリートの蓄熱効果により配管凍結の恐れがなく、床下が密閉されるので、虫などの侵入を防止できます。

高性能で環境特性が高い!
吹付け硬質ウレタンフォーム

『アクアフォームNEO(ネオ)』は、
高性能で環境特性の高い、
建築物断熱用吹付け硬質ウレタンフォームです。

代替フロンタイプ、ノンフロンタイプの両方の長所を備えており、発泡剤に採用したHFOは、オゾン層破壊係数(ODP)が”0(ゼロ)”、地球温暖化係数(GWP)も”1”のため、地球温暖化防止に貢献します。
また、従来のHFCと同等の断熱性能が得られるため、現在のノンフロンタイプで課題とされていたフォームの厚さを薄くすることができます。

『アクアフォームNEO(ネオ)』は、高性能で環境特性の高い、建築物断熱用吹付け硬質ウレタンフォームです。 代替フロンタイプ、ノンフロンタイプの両方の長所を備えており、発泡剤に採用したHFOは、オゾン層破壊係数(ODP)が”0(ゼロ)”、地球温暖化係数(GWP)も”1”のため、地球温暖化防止に貢献します。また、従来のHFCと同等の断熱性能が得られるため、現在のノンフロンタイプで課題とされていたフォームの厚さを薄くすることができます。

  • イベント情報
  • モデルハウスに行こう
  • 資料請求・DVD贈呈
  • ご相談・お問い合せ