HOME > 自然治癒力を生かす真の住環境 > 電磁波を良い放射エネルギーへ

電磁波を良い放射エネルギーへ

電磁波を良い放射エネルギーへ

電気の使用量は、
わずか40年で
5倍以上になりました。
電磁波被曝量(でんじはひばくりょう)世界第1位の日本では、「白血病が増えるから4mGまで」とのWHO勧告を無視し、基準を2000mGにしました。その差はなんと「500倍」です。

電気の使用量は、わずか40年で5倍以上になりました。電磁波被曝量(でんじはひばくりょう)世界第1位の日本では、「白血病が増えるから4mGまで」とのWHO勧告を無視し、基準を2000mGにしました。その差はなんと「500倍」です。

スマホの電磁波が危険な理由

電磁波は、波長の長さで種類が分かれています。スマホの電磁波はマイクロ波に分類され、電子レンジと同程度かそれ以上だともいわれています。スマホは、家電と比べると脳の近くで使っていること、通話やアプリを使っている間は、ずっと電磁波が流れているということが問題です。子どもの頭蓋骨や皮膚は大人より薄く、また、子どもの脳は水分が多く、電磁波を吸収しやすい特徴があります。つまり、大人よりも電磁波の影響をもろに受けてしまうのです。  赤ちゃん、小さい子どもに使わせない、そばで使用しない工夫が必要ではないでしょうか

電磁波は、波長の長さで種類が分かれています。
スマホの電磁波はマイクロ波に分類され、電子レンジと同程度かそれ以上だともいわれています。スマホは、家電と比べると脳の近くで使っていること、通話やアプリを使っている間は、ずっと電磁波が流れているということが問題です。
子どもの頭蓋骨や皮膚は大人より薄く、また、子どもの脳は水分が多く、電磁波を吸収しやすい特徴があります。つまり、大人よりも電磁波の影響をもろに受けてしまうのです。
赤ちゃん、小さい子どもに使わせない、そばで使用しない工夫が必要ではないでしょうか。

電磁波を良い放射エネルギーへ

しかしAI時代を迎え、ますます各家庭での電気使用量は増え、マイクロ波が飛び交う住環境になるでしょう。
アイスタイルでは、温熱環境の良い住環境をお届けすることで、なるべく機械に頼らない健康でローエネな暮らしをお届けしていますが、さらに農業の最先端加学哲学『生体エネルギー』技術を応用し、良い放射エネルギーの住環境をお届けしています。
モデルハウスや完成お披露目会でリラックスして長居いただける理由は、良い放射エネルギーが高い住環境だからです。

しかしAI時代を迎え、ますます各家庭での電気使用量は増え、マイクロ波が飛び交う住環境になるでしょう。アイスタイルでは、温熱環境の良い住環境をお届けすることで、なるべく機械に頼らない健康でローエネな暮らしをお届けしていますが、さらに農業の最先端加学哲学『生体エネルギー』技術を応用し、良い放射エネルギーの住環境をお届けしています。モデルハウスや完成お披露目会でリラックスして長居いただける理由は、良い放射エネルギーが高い住環境だからです。

  • イベント情報
  • モデルハウスに行こう
  • 資料請求・DVD贈呈
  • ご相談・お問い合せ