BLOG スタッフブログ

日本の未常識

こちらは

現在、たつの市揖保川町にて建築中の

H様邸です。

 

外壁が全面、グリーンとなっており、

一見すると、まるで緑のお家です。

 

 

今、常識とされているのは

防水対策には防水紙を使うこと。

 

ですが、違和感を感じることは

防水紙を貼るのに、タッカーで

無数の穴を開けていくこと。

また、防水紙施工のその後の工程で

さらに無数の穴を開けて

外壁を仕上げていくこと。

 

ある某メーカーさんの

126戸の分譲地で

雨漏れを発生させている家、

また雨漏れのリスクがある家を

調査したところ、

90%以上の家が

該当する結果となりました。

 

雨がよく降るこの気候風土にも関わらず

何故このような結果になるのか

 

それは単に、

今の常識とされている工法が

対策として合っていないという

ことになります。

 

外壁下地材、サッシ、板金など

別々の部材が重なりあって

仕上がっていきますが、

 

肝心なそれらをひとまとめに

継ぎ目なく一体化させる

工事が存在しません。

 

そのため、長年に渡り、

素材の劣化や、日々の生活振動から

雨水が躯体内に浸水し、

気づけば、見えないところで

柱、梁、土台などの構造材や

断熱材にダメージを与えてしまいます。

 

現場はいつも綺麗です。

 

 

H様も我が家ができるまでの工程を

とても楽しんで下さっております。

 

 

一日ごとに変化がありますね。

 

H様どうぞ引き続き

お楽しみ下さいませ!

 

この記事を書いた人

これからもたくさんの出逢いに感謝し、出逢った皆様の幸せづくりに関わらせて頂けることを楽しみにしております。

﨑山 徳史
資料請求 家づくりの相談会 ほぼ毎日開催しております