BLOG スタッフブログ

冬場の暮らしが変わります。

現在

姫路市花田町にて建築中

O様邸では

防水工事が行われました。

 

 

外壁が全面グリーンとなっていることが

分かります。

 

 

防水工事を「紙」ではなく

「塗料」で行っています。

 

通常、防水紙で施工した際、

継ぎ目や、切れ目、

金物のサッシまわりの継ぎ目や、

打ち付け穴が、どうしても存在しますが、

 

塗料の場合、材の特質上、

それらが存在しません。

 

さらに

一般的に、気密シートなどで確保していく気密性能を

この防水塗料で確保することができます。

 

一年中、快適な住環境をつくるのには

優先順位がありますが、

 

まずは南面に大きな窓をもうけること。

 

それにより冬場日射取得を行うことができ、

600Wというこたつ1台分に相当する熱を

自然に室内に取り込むことができます。

 

そして夏場は日射遮蔽のため、

窓上には、庇をつけたりタープを計画すること。

 

そして断熱性能を確保すること。

現在最新とされている

省エネ基準では、

実際に住んでみると、

誰しもが寒さを感じます。

 

国の基準とは違い、

HEAT20のG2グレードまで

高めると、冬場の暖かさを確保できる

条件がもうすぐ揃うというところまできます。

 

私たちがお届けしている住宅は

HEAT20 G2グレードをクリアする

UA値0.4前後の性能です。

 

そして4つ目に上であげた

気密性能を確保すること。

 

せっかく暖かさ、涼しさがつくられても

その熱が外に逃げてしまっては

快適性を維持することができません。

 

日射取得・日射遮蔽、

断熱性能の効果を最大限に発揮するためにも

気密性能を確保することは大切で、

 

私たちがお届けしている住宅では

C値0.5前後の性能です。

 

今年も、過ごしやすい季節が過ぎ

冬の訪れを感じる季節となりました。

 

この時期、

室内で着る部屋着の服装や、

眠るときの布団の内容など、

 

家の性能によって

バラつきが出てきております。

 

冬場が暖かいと、家の中で快適に暮らせる他、

結露が発生しにくく、

カビ・ダニが発生しにくく

健康的に暮らしを送ることができます。

 

光熱費を抑えることもできることから、

経済的な負担も少なくなります。

 

健康的に暮らしながら

ゆとりのある生活を

長きにわたり過ごすことができます。

 

語りどころの多い

アイスタイルの建築現場です。

 

建築現場でのご見学では、

性能の高い家づくりを

楽しく分かりやすく知って頂けます。

 

ぜひお気軽にご連絡を下さいませ。

0120-66-4190

 

この記事を書いた人

これからもたくさんの出逢いに感謝し、出逢った皆様の幸せづくりに関わらせて頂けることを楽しみにしております。

﨑山 徳史
資料請求 家づくりの相談会 ほぼ毎日開催しております