HOME > スタッフブログ > 【住むほどに愛着が深くなる家づくりとは】

【住むほどに愛着が深くなる家づくりとは】

姫路 工務店

本日、姫路市花田のオーナー様

S様のお宅に伺わせて頂きました!

 

お引渡し後6年が経過しました。

 

奥様には、将来、ご自宅で

お菓子屋さんをオープンする夢があり、

住居部分用と店舗部分用と

入口が2つあります。

 

姫路 工務店.

 

リビングダイニングは

コンパクトな設計となっていますが、

テラスドアの先のウッドデッキが

床の奥行き感をつくってくれています。

 

姫路 工務店

 

リビングには

収納とワークカウンターを造作しました。

 

姫路 工務店

 

キッチンは

程よくこもれる感じにしたいというご要望があり、

 

キッチンの垂れ壁部分は

造作ガラス窓の仕上げで軽い印象を与え

 

姫路 工務店

 

キッチンのサイドは

間仕切り壁をたてることなく、

飾り棚と、素敵な小物が、

楽しく隔たりをつくっています。

 

 

洗面化粧台は

使い勝手、お掃除のしやすさ、

また気持ちが高まるものを

オーダーで造作しました。

 

姫路 工務店

 

おトイレには階段下を利用した収納を設け、

出幅の小さいオーダー手洗いが

すっきりとした印象を与えます。

 

姫路 工務店

 

2階のホールは少し広めにつくり

お絵描きスペースと

本読み用のベンチを設計しました。

黒板は奥様の手づくりです( *´艸`)

 

姫路 工務店

 

ポイントとなる場所には

ステンドグラスを採用し、

 

姫路 工務店

 

姫路 工務店

 

ゲストの目を楽しませてくれます(#^^#)

 

姫路 工務店

 

お伺いすると

いつも違う種類のケーキと

美味しい飲み物で

おもてなしをして下さいます(*^▽^*)

 

姫路 工務店

 

本日もそうですが、

いつお伺いしても

澄んだ空気と、ゆっくりできる

居心地の良さを

体感することができます。

 

 

お引渡し後、6年が経過したことで

木部はすっかり良い感じの

味のある色合いへと変化しておりました。

 

床には、お家で過ごした時間なりの

へこみや傷はついておりますが、

それらからは、家族がそこの場所で過ごした様子が

想像でき、浮かび上がってくるということで

微笑ましく、大らかに受け止めることができると、

6年以上、この家で暮らしたことでの

喜びのお話を聴かせて頂きました。

 

新築直後にテンションのピークを迎え、

暮らしの経過とともに、

劣化や美観の低下に

日々冷めていく一方の家もあれば、

 

住むほどに、

家への愛着が深くなっていく家が、

実際に在るわけです。

 

姫路 工務店

 

お引渡し後、何年経っても

こうして暖かく迎え入れて下さり

楽しいお時間を過ごさせて頂けることに感謝です♪

 

S様有難うございました!

 

 

花粉症の時期となりました。

 

お洗濯ものを外で干しにくい状況です。

除湿器、空気清浄機を使用しない状態での

インナーランドリールームでは

お洗濯ものが乾くのでしょうか。

 

コロナ禍での緊急事態宣言の最中、

あの設計が約に立ちました。

オーナー様の暮らしぶりをご紹介致します!

 

 

この記事を書いた人

no_image
スタッフブログ紹介一覧へ

この記事に関連したブログ記事