BLOG スタッフブログ

【何が欲しいではなく…】

本日、一般社団法人住教育推進機構

理事長の大沼勝志さんによる

住まいづくりからの住教育セミナーが開催されました。

 

大沼さんは

「新築を希望されてますか?」

「リノベーションを希望されてますか?」

「新しいお家には何が欲しいですか?」

といった質問をすることはなく

 

質問することは

「どんな暮らしがしたいですか?」です。

 

知りたいことは、

「心地良い自然の光がさんさんと降り注ぐリビング…で美味しいコーヒーを飲みながら…ゆっくりと過ごしたい…」

といった理想とする暮らし方についてです。

 

その結果、

「ユーザーの方が何が欲しいか」ではなく、

「プロとして何を提案するか」、

そして

資金面や不動産の所有状況、立地、登場人物、各年齢、関係性などもトータル的に加味し、

「プロとして新築をご提案するか、リノベーションをご提案するか」を

ユーザーに判断を委ねるわけではなく、専門的な立場から、自らで判断されています。

 

家は、くれぐれも建てることが目的となってはダメで…、

なぜならば、暮らし始めて沢山の不満が発生し続けることになるからです。

 

「○○な暮らしがしたい!」を目的に、

そのための手段として建てることが必要であり、

 

さらにいえば、

本来、求めていなかったことですが、

その重要性、尊さに、深く気づいて頂くために、

私たちが仕掛けとしてご提案することも

いのちがよろこぶ家においては

とても大切だと確信しています。

 

住教育セミナーにご参加下さった皆様

誠に有難うございました!

 

新しい暮らしを過ごす中で

気持ちの変化を前向きに感じられているオーナー様のお声も

ぜひお聴き下さいませ★

 

 

 

 

https://lit.link/istyle4190

この記事を書いた人

これからもたくさんの出逢いに感謝し、出逢った皆様の幸せづくりに関わらせて頂けることを楽しみにしております。

﨑山 徳史
資料請求 家づくりの相談会 ほぼ毎日開催しております