BLOG スタッフブログ

価値観の変化

クックパッド株式会社と

アルヒ株式会社が

コロナ禍の「料理と暮らし」の実態を

合同で調査した

 

料理と暮らし白書2021が発表され、

コロナ禍での生活の変化が

まとめられていました。

 

 

調査対象は、全国の4,095の男女です。

 

 

自宅で過ごす時間が増えた人が 71.2%

 

家族で過ごす時間が増えた人が 61.0%

 

と、

やはり、自宅で家族と一緒に過ごす時間が増えた方が

多いというデータだったそうです。

 

 

 

そんな中、自宅で過ごす時間が増えたことで

79.6%もの人が、

 

今の住まいの中で改善したい空間があるとの

回答であったそうです。

 

 

 

そんな中、様々なものに対して

価値観が変わった人も多く、

 

自宅を楽しむ時間を大事にしようと思った

 

外出に充てていた時間を

自宅での勉強や料理の時間に充てた

など、

 

時間の使い方の価値観が変わった方は 14.9%

 

 

以前より家族一緒にごはんを食べたり、

子どもとよく遊ぶようになった

など、

 

 

家族との過ごし方の価値観が変わった人は、13.4%

 

との結果であったそうです。

 

 

 

 

コロナ禍を経て、

自宅は単にオフタイムを過ごすだけの場所ではなく、

人生をより豊かに過ごすための

”暮らしの拠点”という意識がより鮮明になりました。

 

 

住まいには、リラックスとアクティブの

両方が求められるように変化しています。

 

 

住まう方のライフスタイル、

生きがい、豊かさ、自分らしさ、

これらが存分に発揮される住まいが

必要とされているという事です(^^)

 

 

 

 

住まう方の幸せを本気で追求すればするほど、

皆様それぞれの暮らしに

徹底的にフォーカスすることが

いかに大切であるかが分かります(^^)

 

 

 

そうすることで見えてくる、

「豊かな設計空間」が

「圧倒的に躯体性能」に

プラスされることによって

 

 

いのちがよろこぶ住環境を

実現することができます(^^)

 

 

 

相思相愛になった

家づくりのパートナーと

ぜひ実現してください(^^)

この記事を書いた人

ご縁を頂く皆様の幸せな暮らしの実現をお手伝いしていきたいと思います!

寺田 健太朗
資料請求 家づくりの相談会 ほぼ毎日開催しております