BLOG スタッフブログ

言葉の持つ力

私の大好きな方から、この絵ハガキを送って頂きました。

姫路市 注文住宅 オーガニック

 

最初この絵ハガキを見た時は正直で飾らない 面白い人がいるなぁ〜ってニンマリ笑顔になりました。

ところが後で事情を知って自体は一変。

コンサルさせて頂いている会社や阪根大学とかでは、偉そうな事ばかり言ってますが、つくづく表面の事ばかり 読んだまましか受け取れていないと思わされました。

この絵を描いた方は星野富弘さん。

星野富弘さんは画家で詩人、美しく繊細な花の絵に詩を添えた詩画は、多くの人に感動を与えていますが、その作品の全ては星野さんが24歳で大怪我を負い、首から下の自由を失い、口で筆を咥えて描かれたものです。

それを教えて貰った時、同じ言葉の一つ一つの意味が全く別の所に行き着き、言葉の持つ力の深さを知りました。

この記事を書いた人

安藤 友純
安藤 友治
資料請求 家づくりの相談会 ほぼ毎日開催しております