BLOG スタッフブログ

分かち合う

こんばんは。

 

今日のクラブハウス『いのちがよろこぶ』笑ルーム

水曜日は、デザイン工房光 代表安藤友治さんがパーソナリティーです。

姫路市 注文住宅 健康住宅

本日のテーマは、分かち合うでした。

 

縄文時代・・・私たちのご先祖様は、どのように暮らされていたのでしょうか?

 

縄文時代には、人々は長い間同じところで生活できる家(竪穴住居)を作り、

みんなで集まって生活するようになりました。

 

これが「ムラ」の始まりです。

 

ムラのなかには竪穴住居だけでなく、太い柱を使った大きな建物や、みんなが集まる広場、

なくなった人を埋葬(まいそう)するお墓、貝がらや食料の食べかすをすてる貝塚などが作られました。

姫路市 注文住宅 健康住宅

 

また、ストーンサークルともよばれる、いくつもの石を直径30~50メートルの大きな円形にならべた

環状列石も見つかっています。

姫路市 注文住宅 健康住宅

ムラのまわりに広がるクリやクルミなどの森は手入れをされ、生活に必要な食料や木材を手に入れることができる

“縄文(じょうもん)里山”として大切にされていました。

 

 

自然のめぐみを大切にしながら、自給自足の生活を送っていました。

 

自然のめぐみを取りすぎず、不要なゴミを出さない暮らしは・・・

自然との調和や循環を大切にしていました。

 

また、気候や環境(かんきょう)の変化といった、自然の移りかわりに寄りそいながら、

助け合い、力を合わせて暮らしていました。

 

 

縄文文化という優れた文化は、自然の豊かなめぐみを暮らしに取り入れてきた人々の智慧と技術、

そして自然とともに生き、家族や仲間を大切に思う心が育くまれていきました。

 

 

私たちのDNAには・・・しっかりと縄文時代の先人たちの記憶が書き込まれています。

 

しかし、時代が移り変わり・・・

自然とともに生き、家族や仲間を大切に思う心が希薄になり

江戸時代末期・・・西洋の考え方『物質の損得』が強くなった明治維新から

さらに拍車がかかりました。

姫路市 注文住宅 健康住宅

 

 

私たちは、『いのちがよろこぶ』というモノサシで

住む人がよろこび・・・

からだがよろこび・・・

心がよろこぶ家づくりをすることで

自然が循環し、自然と調和する、自然もよろこぶ

『いのちがよろこぶ家』をお届けしていますが・・・

姫路市 注文住宅 健康住宅

すべての人にお届けできる訳ではありません。

 

 

個人で土地を所有し、家を所有するためには・・・

ある程度の力が必要です。

 

 

『いのちがよろこぶ』モノサシを持たずに・・・

多くの方が色んなことを我慢した家を建ててしまいます。

 

 

多くのことを我慢した家を個人で所有するのにも

個人で土地を所有することが必要です。

 

建てた瞬間は、家を建てたということに満足しますが・・・

からだとこころのバランスが保てないと・・・

よろこびは・・・長続きしません。

 

個人で土地や建物を35年の住宅ローンを組んで

所有するということは、その間、数千万のお金を寝かしてしまうことにもなります。

 

『いのちがよろこぶ家』のように・・・

住む人がよろこび・・・

からだがよろこび・・・

心がよろこぶ家づくりをすることで

自然がよろこび、自然が循環し、自然と調和する家であれば

お金も生きて、お金も喜びますが・・・

 

いっぱい我慢をしないといけない家を建てるのであれば・・・

個人で所有するという発想ではなく、

みんなで一緒に『よろこび』に満ち溢れた集合住宅を

みんなで力を合わせて建てれれば・・・

からだとこころのバランスが整う

『いのちがよろこぶ家』に家賃だけで住めます。

姫路市 注文住宅 健康住宅

 

今までの概念でアパートを建てれば

地主さんが1億円以上の借金をしないと実現しないので

どうしても借り手の住み心地よりも

外観の見栄えや利回りだけを優先したアパートになってしまいます。

 

建築にコストをかけれないので

住む人がいっぱい我慢しないといけないアパートになり・・・

新築の時は、いいですが・・・10年もすれば、満室にすることが出来ずに

空室になったアパートが全国に200万戸あります。

大家さんは・・・経営が成り立っていません!

 

 

宙楽(ヒカリ)の建築のアパートは・・・

みんなが『よろこび』のために分かち合って、実現するアパートです。

 

土地をお持ちの地主様は・・・30年間の定期借地権で『よろこび』のために土地を出す。

毎月、地代だけでなく、たくさんの『よろこび』をもらえます。

 

力のある方は・・・『よろこび』のためにお金を出す。

出資したお金は、毎月、たくさんの『よろこび』というお金に換えられない利回りと一緒に戻ってきます。

 

智慧や技術のある方は・・・『よろこび』のために智慧や技術を出す!

『いのち』がよろこび、『からだ』がよろこぶ住環境は、住まう人の暮らしを豊かにします。

 

そして、借り手は・・・土地を買ったり、家を買ったりしなくても

『いのちがよろこぶ』こんな素敵な住環境に家賃だけで住めます!

 

 

30年後には、土地を提供してくださった地主様に

恩をお返しできる定期借地権です。

 

解体して、更地にしてお返しするのが定期借地権ですが・・・

『いのちがよろこぶ』家は、日本の住宅のように30年ぐらいで廃墟になることはありません!

無償でお譲りすることも出来ます。

 

 

力がない時期に・・・個人で土地や建物を所有すると・・・

いっぱい我慢して家を建てることになります。

親が我慢して建てた家には、子ども達も魅力を感じません。

 

実際、築30年経った新興住宅地は・・・

老人だけになり、廃墟になっている団地も日本中に多くあります。

姫路市 健康住宅 注文住宅

みんなで分かち合うことで・・・その時代、その時代、必要な人があつまり

時が経てば、経つほど・・・愛着が深まり

欧米のように未来へと紡がれていく建物となり、土地も生き生きし続けます。

姫路市 注文住宅 健康住宅

 

思いが共有共感を呼ぶ時代です。

 

助産所や保育園、幼稚園などと融合した子育てを支援する施設や

有機栽培を勇気を持って、愉しむ若者が集まる農業施設など・・・

みんなの家、みんなの故郷が・・・

分かち合う・・・やまとこころのDNAに刻まれた縄文時代の智慧や技術が

『宙楽(ヒカリ)』となり・・・

日本中へ・・・そして、世界中へ・・・拡がって行きます。

 

 

この同じ周波数(志・愛)を持った仲間が

どんどん集まって来ています。

 

『宙楽(ヒカリ)の建築』・・・とても楽しみです。

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

1棟1棟『想い』をカタチにしています。私たちと本物の家づくりを楽しみましょう!

井上 伸也
資料請求 家づくりの相談会 ほぼ毎日開催しております