HOME > スタッフブログ > デザイナー安藤友治氏雑談会

デザイナー安藤友治氏雑談会

こんばんは。

11月27日日曜日は、宙龍(SORA・光)の建築デザイナー安藤友治氏の雑談会です。

宙楽(ヒカリ)の建築

これから家づくりをご検討の方は、ぜひ!ご予約ください。

何のための家づくりなのかに気付く時間になります。

 

アイスタイルは、お客様がよろこぶことしかやらない会社です。

人気の飲食店や衣料店では、お客様によろこびをお届けするために食材や素材にこだわり、調理方法や縫製方法を工夫してお届けしています。

 

もちろん、コロナ禍でもお客様に支えられ、行列が出来ています。

 

しかし、住宅業界は、効率ばかりを優先して工業化してしまい、呼吸しない家、調湿しない家ばかりです。

世の中には、そんな空き家が1,000万戸以上あり、16年後には、2,303万戸になります。

 

色んなモノの物価の上昇が続いています。

これから光熱費も年率3%でどんどん上がっていくと言われています。

 

今までの価値観や概念で家づくりしても良いのでしょうか?

 

契約時点の建築コストは、氷山の一角です。

 

これからの時代は、30年の時間軸ではなく、60年、100年の時間軸で考えて、本当に良いものを適切価格で購入して、長く使う時代です。

 

目先の損得で考えるのではなく、自然の循環や調和、目の前の方のよろこびを考えて、家づくりする時代です。

 

天然ガスや石油の輸入量を減らすことが出来る小エネの家づくりの時代です。

 

 

お引渡し後の光熱費や維持管理費、エアコン、加湿器、空気清浄機などを交換する費用、医療費まで…時間軸で考えると『いのちがよろこぶ家』は、もっともコストパフォーマンスの良い家です。

 

一方、効率を優先して、呼吸しない家、調湿しない高性能な住宅の普及と共に、シックハウス症候群の患者数がまた増えてきています。

 

日本では2人に1人がアレルギー疾患です。

 

弊社は、住宅先進国ヨーロッパに『バウビオロギー』(建築生命学)を礎に、住むほどに自然治癒力がどんどん高まっていく家づくりがあることを知り、

 

創業の時から住む人のいのちだけではなく、建材のいのちも優先した『いのちがよろこぶ家』だけをお届けしています。

 

『いのちがよろこぶ家』は、みんなのいのちの森と同じ澄み切った美味しい空気を365日、24時間深呼吸出来ます。

心豊かな時間を育み、いのちを育む住環境です。

 

 

『いのちがよろこぶ家』は、汎用の壁掛けエアコン14畳用1台だけで家中、常春空間を実現出来ます。

 

ガーディアン防水外断熱&セルロースファイバーのダブル断熱工法は、断熱性能や気密性能が優れているだけでなく、住む人が1年中心地よい住環境に大切な調湿性能や遮音性、夏の遮熱、冬の蓄熱性能にも優れています。(UA値0.4前後、C値0.5前後)

 

許応力度計算を実施して、限界耐力計算を実施して、制震ダンパーを設置して、震度7を震度5に減衰し、耐震等級3=1.5以上の家族のいのちを守り、資産を守る地震に強い家です。

 

 

ぜひ!本社スタジオへご来場いただき、澄み切った美味しい空気、常春空気をご体感下さい。

 

 

また、物価が高騰しても質を落とさずに、ご実家や良質の中古住宅を買って、ポジティブに性能向上リノベーションして、心豊かに暮らしを楽しみたいお客様も年々増えています。

 

性能向上リノベーション

 

国も1,000万戸以上と増え続ける空き家対策に
これから私たちの税金を補助金に使って、性能向上リノベーションを薦めます。

 

【経済産業省からのお知らせです!】

住宅の省エネ化の支援強化に関する予算案が閣議決定されました
https://www.meti.go.jp/press/2022/11/20221108001/20221108001.html

 

 

日本の現状のルールでは、木造住宅が22年経つと資産価値はゼロ評価です。

ということは…土地代だけで、良質な中古住宅を『0円』で手に入れることが出来るということです。

 

良質な中古住宅の屋根や構造躯体、基礎を再利用することで、予算を大幅に抑えて、性能向上リノベーションが出来ます。

固定資産税もリセットされないので、20年で200万円は、お財布に残ります。

自然の循環や調和や「2050年カーボンニュートラル宣言」脱炭素にも貢献します!

 

 

手間を惜しまずに、基礎や梁補強をすれば、抜けない柱はありません!

 

劇的に『暮らしやすさと家族のコミュニケーションを深める』設計コンセプトで間取りを変えることも可能です。

本社スタジオで無料相談会を実施しています。

本社来場予約

未来を担う子ども達に明るい未来を想造するために、自然と調和し、自然が循環することも考えた遊びゴコロいっぱいの心豊かに暮らしを楽しめる家づくりについて…ご相談ください。

 

イノチと子どもを育むメゾネット
宙龍(SORA・光)の建築事業

2038年 人口減少で日本中に空き家が2,303万戸になると予測されています。

住まう方のよろこびを追求せずに、目先の利益や利回り、相続対策で建てられたアパート事業のビジネスモデルは、すでに崩壊しています。

これから土地の価格がどんどん下がると予測されています。土地を購入することがリスクになるので、戸建ではなく、良質な中古物件が注目を集めています。

地主が自ら投資する高リスク賃貸から
土地を定借により定期借地することで
30~50年間安定した地代収入を得ながら、
相続対策にも寄与する新しい概念の土地活用をご提案しています。

出資者様には、ワンルームマンションなどへの
区分所有投資とは一線を画し、世の中に存在しない
自然素材のみのケミカルフリー賃貸で
入居者様の健康と間取りも定住を想定した
当社の設計ノウハウを活かした暮らしに寄り添う設計で一生住みたい賃貸住宅で30年間安定した収入を図ります。

入居者様には、今までには存在しなかった
健康と暮らしやすさ、子育てに寄り添う
アパートにより、定住が確保できる新しい価値観と概念を構築する関わるすべての人が
よろこびに包まれる六方善の賃貸住宅事業でもよろこびをお届けしています。

 

 

この記事を書いた人

井上 智晴

1棟1棟『想い』をカタチにしています。私たちと本物の家づくりを楽しみましょう!

スタッフブログ紹介一覧へ

この記事に関連したブログ記事