BLOG スタッフブログ

NEW

【いのちをバトンタッチする会】

 

「天国に届ける『いのちの日』」
(いのちびと2015年1月号より)

7月5日。その日、ある中学校に伺いました。
数年前までは、荒れた学校で、心の再生のために「いのちの教育」をスタートさせます。
その先頭に、N先生がたちました。
しかし、突然、交通事故で亡くなってしまったのです。
その一周忌(7月7日)が日曜日。
直前の登校日(5日)に、生徒たちに「いのちの授業」を聴いてもらいたとの先生たちの思いでした。

「気」が全く違う、講演会場に入ると直感しました。
会場には、N先生の奥様もみえました。

「景子ちゃんが、N先生が、天国からみんなに願っているんだよ。
死ぬな、絶対に死ぬな、と。そのことを心に刻んでください」
講演の最後、導かれるようにそう言葉にしていました。
初めての体験です。
全生徒が合唱するとき、窓からは光があふれました。
7月5日は景子の命日でした。

翌日、N先生の奥様からメールが届きました。
「昨日の講演は、実は伺おうかどうしようか悩んでいました。
初めての命日が近づき、少し不安定になっていました。
でも行こうと思いました。
Nの死を絶対に無駄にしたくない。
私は教員、命の大切さを自分の教員生活で伝えたいと思いました。
天国で景子ちゃんとNも出会っていますね。
天国では、先輩の景子ちゃんに、新米のNは教えてもらわなくてはいけませんね。
7月7日は、Nの命日。
景子ちゃんお願いしますという思いも込めて、お墓参りをさせていただきます。
ありがとうございます」

7月7日は、景子の葬儀があった日です。

天国に届ける「いのちの日」は、みんなにあります。
その日は、大切な人に手を合わせたいと思います。
ありがとうの感謝とともに…。

・・・・・・・・・・・・・・・・
*会報「いのちびと」から「心に響く、いい話」を抜粋。
*会報「いのちびと」は、6回/1年/1500円で定期購読できます。
お申し込みは「当会公式サイト」をご参照ください。

特定非営利活動法人いのちをバトンタッチする会 代表 鈴木中人さん
公式サイト

いのちの授業

 

この記事を書いた人

安藤 友純
安藤 友治
資料請求 家づくりの相談会 ほぼ毎日開催しております