HOME > スタッフブログ > 断熱リノベーション

断熱リノベーション

おはようございます。

夏期休暇が明けて、お盆にご両家のお父様、お母様と家づくりについて、お話された方も多いと思います。

9月は、和モダンあやくらでの宿泊をご希望のお客様も多いです。

家づくりの本質をしっかりとお伝えして行きます。

 

住宅先進国ヨーロッパには、『バウビオロギー』(建築生命学)を礎に、住むほどに自然治癒力がどんどん高まっていく家づくりがあります。

しかし、日本では…効率を優先し過ぎて、呼吸しない家、調湿しない家が9割以上です。

結果、2人に1人がアレルギー疾患です。

 

私たちは、大切なことに気付きました。

 

 

それは、人と自然が調和し、繋がり、こころを美しく磨き上げ、『いのち』を輝かせて、生きることがよろこびとなる住まいづくりです。

 

ところが、工業化が進み、効率性・利便性・経済性を優先してきた結果、大切なことが見過ごされてきました。

 

 

『いのちがよろこぶ家』は、住む人のいのち、建材のいのちを優先しております。

みんなのいのちの森と一緒で、澄み切った美味しい空気を365日、24時間深呼吸出来ます。

 

 

ガーディアン防水外断熱&セルロースファイバーのダブル断熱工法は、断熱性能や気密性能が優れているだけでなく、住む人が1年中心地よい住環境をお届けする調湿性能や夏の遮熱、冬の蓄熱性能も優れているので、汎用の壁掛けエアコン14畳用1台だけで家中、常春空間を実現出来ます。

 

 

これから光熱費がどんどん上がっていきます。

 

 

 

契約時点の建築コストは、氷山の一角です。

 

 

 

お引渡し後の光熱費や維持管理費、エアコンや加湿器、空気清浄機などを交換する費用まで、時間軸で考えると『いのちがよろこぶ家』は、もっともコストパフォーマンスの良い家です。

 

 

 

これからの時代は、30年の時間軸ではなく、60年、100年の時間軸で考えて、本当に良いものを適切価格で購入して、長く使う時代です。

目先の損得で考えるのではなく、自然の循環や調和、目の前の方のよろこびを考えて、家づくりする時代です。

 

物価の高騰で、予算的に厳しい方には、断熱リノベーションという選択もあります。

断熱リノベーションLP

国も1,000万戸以上と増え続ける空き家対策に私たちの税金をどんどん使って行きます。

若い世代の方も土地代だけで、良質な中古住宅は、『0円』で手に入れることが出来ます。

屋根や構造躯体や基礎を再利用することで、予算を大幅に抑えることが出来ます。

固定資産税もリセットされないので、20年で200万円は、お財布に残ります。

自然の循環や調和や「2050年カーボンニュートラル宣言」脱炭素にも貢献します!

 

 

 

子育て支援アパート
「イノチを育み子どもを育むメゾネット」計画も順調に進んでおります。

これからの時代は、車や家など…所有する時代からシェアする時代に変わって行きます。

 

 

土地代金を35年間寝かさずに、ハッピーマネーをよろこびのため、人間力を高めるために、経験や学びのために使えます。

そして、『いのちがよろこぶ住環境』にも家賃だけで暮らせるようになります。

 

 

子育て支援アパート
「イノチを育み子どもを育むメゾネット」は、3つに開く扇形のカタチ、三葉でもあり、鳥が羽ばたく姿でもあります。

子育てをする場所、イノチを育み守り健やかな未来を創造し、既成概念から抜け出し、魂の自由な世界に向かって飛んで行く。

一緒に住まう人も周りの人達も巻き込んで、まるで巣の様な場所となり、子どもも大人も次なる世界に巣立って行くすべてを凌駕するカタチの力が誕生します。

 

本社スタジオで無料相談会を実施しています。

本社来場予約

未来を担う子ども達に明るい未来を想造するために、あなたの家づくりについて…ご相談ください。

 

 

たつの市御津町O様&Y様邸

断熱リノベーション工事もいよいよ終盤を迎えます。

 

暮らしやすさと家族のコミュニケーションを深める設計コンセプトで間取りも劇的に変えることが出来ます。

 

29日(月)、30日(火)のセルロースファイバー施工に向けて、下地工事も終わり、大工造作が順調に進んでいます。

住み心地が劇的に変わります。

 

断熱リノベーション後の暮らし、楽しみですね。

この記事を書いた人

井上 智晴

1棟1棟『想い』をカタチにしています。私たちと本物の家づくりを楽しみましょう!

スタッフブログ紹介一覧へ

この記事に関連したブログ記事